営業の師匠(仮)との思い出

師匠っぽい人。いや、師匠かもな

個性が強い僕ですので、師匠はいないのですが、それぞれある方面にのみ特化した「部分的な師匠」はたくさんいます。

こっちの準備ができた時に師があらわれる、という話をまったく信用していなかったのですが、考えてみればそうかもしれないな、なんて思います。

上の計らいにより、しばらくの間、日本一の男がぴったりついて指導して下さったんです。

実力で言うと平の十倍。

強烈な個性をお持ちでした。

並外れた観察力と洞察力に、脱帽でした。


出会ってすぐの時です。

吉野家とすき家について―

「なんかすき家のほうがお得感があんねん。さて何ででしょう?」

「なんでですか?」

「肉の量が多く感じんねん。さてなぜでしょう?」

「たまねぎか何かを多く入れてるんですか?」

「残念。飯の量が少ないねん。だから相対的に肉が多く見える」

一緒に外に出たときのことです。

「お、この瓦!これはなぁ、普通の瓦より1.5~3倍するんや。と、いうことは?」

「金持ちですか?」

「その可能性もあるなぁ。でも、家の規模から見てどうや?こんなとこに金かける必要あるんかいな」

「それもそうですね」

「と、いうことは?」

「見栄っ張りか、何も考えていないか…」

「お、ちゃんと学習能力あるやんけ。そや、見栄っ張りさんか、家建てるときに必要も無いもんを勝手に組み込まれて、それを知らずに坪単価を上げられてはる頭の弱い人ですわ」

「相手を分析して分析しつくして、戦略を練りに練らんとどうすんねん!それでも3割くらいの確率で外れる。だから時間を惜しむのはわかる。でもザコはそれを惜しんで結果を出せんとザコのままなんやろ?お前は、天下のオレ様が教えたったんやから、二流三流になり下がんなよ。ま、教えたった言うても、今回は松竹梅の梅コースやけどな。あはは。早く竹コースにまで来てくださいな」

思えば、この人が僕についてくれたのは、半端に出来がよく、下手をすれば傲慢に「テング」になりそうな気質を見抜いた上での、上の策略だったのかもしれません。

「お前のうなづき方はなぁ。人に失礼やぞ」

そんなことも言われました。

「ようやくお別れやなぁ。明日から顔見んでええと思うとせいせいしますわ」

そう言った後、

「しばらくしても底辺うろついとったら、腕立て100回やぞ」

そう言い残して、にこやかに帰られる姿を、深々と頭を下げて見送りました。

(2010年10月03日00:17)

続・師匠(仮)

日本一の男からの特訓を終え、しばらく。

教わったことを実践してみた。

オレはあの男を超えなければならない。

「そうか。こんなに簡単だったのか…」

知恵は掛け算してこそ爆発的に作用する。

知恵はひらめきとして突然に与えられるものだが、材料がいる。

それは、知識やタイムリーな情報であったり様々である。

「注意してや。ザコの戯言に影響されんなよぉ」

されるわけないさ。

また、別のある人に相談してみた。

「上の一部の人ですけどね、厄介みか何か知らないですけど、挨拶しても無視されるんですわ」

「そいつに好かれたい?どうでもいいねよ?でも、周りから見てどう?無視してる方か、それでも挨拶してる方か、さて、どっちが好ましいでしょうか?」

「僕、体育会系じゃないんですよねぇ」

「頷き方見たら一発でわかるわ。まあ、脳ミソ筋肉君の体育会系が多いから損かもな。でも、己が正しいと思うなら、口きかさんぐらいぶっちぎったれや」

「あはは。そうさせてもらいますよ」

(2010年10月12日00:46)

師匠(仮)を考える

「営業の世界には答えがある」と断言した師匠(仮)。

僕が教わったのは、そのほんの一部だったけど、今でも鮮明に記憶に残っている。

お金のこともたくさん教わった。

税や不動産についても教わった。

たった数週間だったけど、一緒に外回りできたことは本当に嬉しかった。

一緒に言った営業先で、相手とあまりに話が弾むので、所謂アプローチ、インタビューのうまさに、「後で褒めてもらえるかな?」と僕は誇らしげだったが、本題に入るとやたらと態度が急変したので、「どこかでミスでもしたかな」と、思いながらその場を去ると、

「オレも昔、あの手の単なる話好きに騙された」

と、彼は笑った。

「おまえみたいな頭に詰め込むタイプはな、何でも経験して失敗しないとダメ。だから失敗しまくれ」

と、ゲラゲラ笑いながら一緒に缶コーヒーを買いに行ったのを覚えている。

「遠くから見たら、同じ人か、親子みたい」と周りに言われたように、性格的に自分の20年後を想像させるような人だった。

その彼が、数ヶ月前、何かのミスで降格になったらしい。

正確にはミスではないらしい。

かつて国税庁に脱税幇助の疑いもかけられたが、のらりくらりと言い逃れた男である(実際には脱税には当たらないのだが、言い逃れたことを彼は自慢していた)。

彼を知る人たちは裏で彼を「知能犯」と呼んでいるらしい(確かにその要素はある)。

一緒にいた時に何度か気付いたことがある。

彼は自信に満ち溢れているが、時折どこか悲しそうだった。

彼はたった一度だけ、笑いながらふと漏らしたことがある。

「だんだん心を汚していったわ」

周りは気付いていなかった。

言葉は聞いていたものの、なぜかまではわからなかったと思う。

目が合ったとき、少しだけ救いを求めるような、そんな目をしていた。

「お前は気付いているんだろう?」

そう語るようだった。

一度でいいから、看板も役職も外して、師匠(仮)と話したい。

(2011年06月23日00:38)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ