菊 キク

菊(キク)

菊(キク)は、キク科キク属の鉢植えなど鑑賞用として栽培される多年草で短日性植物。草丈1mほどで、やや木質。葉は有柄で卵形か卵形披針形で互生しています。基部がやや木質化した茎の頭部と葉腋に頭花をつけます。茎は時に帯紫紅色を帯びます。

白菊花、黄菊花など主流となる菊の他、観賞として改良された多種多様な菊が存在します。日本においては、主にキク(学名:Chrysanthemum morifolium)やイエギク(Chrysanthemum grandiflorum Kitam.)を指します。菊は食用、観賞用に分けられたりしますが、日本においては、食用に中国からやってきた後に観賞用の風習が生じたという流れになるようです。

菊花

菊 キク 黄色

菊 キク 黄色

菊(キク)の花は頭花で、花期は9~11月。園芸品種が多数あり、切り花用として、温室で周年栽培されています。ここでの菊はもちろん観賞用としての菊ですが、食用菊など菊の仲間には日常でたくさん触れる機会があります。

頭花(頭状花)・頭状花序

キク科の植物の特徴が菊に代表される花のつき方、頭状花序です。菊の花は、小花(しょうか)という雄蕊と雌蕊をもった小さ花の集まりで形成されており、これは頭花(頭状花)と呼ばれます。

舌状花と筒状花で構成され、それぞれの特徴を持った小さい花が集まって、大きな花のように見える形状を作る、というのが菊花を始めとしたキク科の花の特徴です。

菊花の薬効

なお、菊花には薬効成分があり、生薬としても利用されます。生薬として利用されるのは、キク Chrysanthemum morifolium Ramatulle と、シマカンギク Chrysanthemum indicum Linné(Compositae )の頭花です。主要成分は、フラボノイドのルテオリン(luteolin)のようです。

菊の名と別称

菊 キク

菊 キク

標準和名の「キク」は漢名である菊の音読みをそのまま用いています。別の呼称として、霜見草(しもみぐさ)、星見草(ほしみぐさ)、千代見草(ちよみぐさ)、隠逸花(いんいつか)、陰君子(いんくんし)などがあります。なお、菊は異名として翁草(おきなぐさ)と呼ばれることがありますが、本来オキナグサは、キンポウゲ科の別の植物です。

日本では、薬草や観賞用植物として平安時代より用いられ、桜花とともに日本の二大国花として、よく知られている花で、50円玉にも描かれています。

菊 キク 白

菊 キク 白

菊(キク)は中国からの渡来植物とされていますが、その原産地はどこなのかはっきりはしていないようで、キクそのものの原種は発見されていないようです。有力説は、島寒菊(シマカンギク、近畿地方以西から中国人陸に分布する黄花の野生菊)と、朝鮮野菊(チョウセンノギク)との分布が重なる中国中部で交雑し成立したという説(北村四郎博士)です。

この菊(キク)は牧野富太郎博士によって、新・秋の七草の一つに選定されました。

日本三大名菊

古典観賞菊として日本三大名菊とされるのが、京都嵯峨の嵯峨菊、江戸の江戸菊、肥後の肥後菊です。その他古典菊として有名なものに、美濃菊、伊勢菊・松坂菊があります。

嵯峨菊

キク科の植物

キク科の植物は被子植物の中で最も繁栄しているものの一つで、世界中に2万種以上が自生しているようです。

馴染み深いもので言えば、道端に咲くタンポポやノゲシ、ハルジオンや姫女菀(ヒメジョオン)野薊(ノアザミ)の他、春の七草である母子草(ハハコグサ)小鬼田平子(コオニタビラコ)もキク科の植物です。その他秋の七草である藤袴(ふじばかま)や薬用秋の七草の植物の朮(オケラ)もキク科です。

またお花屋さんや園芸店で馴染み深いもので言えば、通常の菊やスプレーマム(スプレー菊)、ピンポンマム(ピンポン菊、ポンポン菊)などもありながら、ガーベラ秋桜(コスモス)、ヒマワリ(向日葵)、カモミール、デージー、ダリア、マーガレット、マリーゴールド、アスター、リアトリス、ツワブキ(石蕗)、ハナカンザシ(花簪)、キンセンカ(金盞花)、などもキク科に属します。

キク科

Category:植物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ