問ひわきまふる心愚かならず

質問の仕方によって、その人が何を考え奥にどんな目的を持っているのか、ということや知能の程度がわかったりします。

抽象的な質問の仕方では返答する相手が対象の特定に困ってしまう、ということで、抽象的過ぎる質問は避けるべきであるということもありますが、あえて抽象的な質問をすることによって、無意識に潜む想念を表出化させるということもあるので一律には論じえません。

ただ、抽象的な質問をしておきながら、対象を特定するため、つまり具体化のためにこちらから質問をすると「質問に質問で答えるな」と言い返してくるような人がいたりもするので困りものです。

こうなると愚かにしか見えませんが、意図するところは論理上の理解というものではなく「別のところにある何かの感情の方に問題があるのだろう」という推測が立ちます。

「感情的なうねりを無理やり言語で表現するとそうなった」という程度です。

また、学術論文等々においても「そういうことじゃない」と思ってしまうことが多々あります。一つの仮定の中で一つの可能性としてはありうるということであっても、「科学が証明した!」ということにはならないだろうと思うような感じです。

それは一種の科学的方法というものを用いて示したものは正しく、主観領域や哲学的、形而上学的な部分をも説明できるという事を思っているところが発端となっています。しかし、厳密にはそれら客観的観測やそれによって示された方程式と哲学的領域は結びついていないということがよくあります。

人と人との相互コミュニケーションにおいては客観性が重要にもなってきますが、「私はそう感じた」ということは、どうあがいても完全には示し得ないため、客観性のあるものを用いた相互理解は完全には果たし得ません。

ということは、何かしらの客観的事実があるからということでは証明し得ない、という意味で完全にナンセンスということになりますが、「それならばどうすれば良いんだ?そうするしか無いじゃないか」ということでムキになる人たちを説得するには、相手にそうした論理構造を理解してもらうしかありません。

相手が理解しないのであれば、致し方ありません。しかし相手が理解しないからと言って、理の構造が壊れるということはありませんし、自分で決めるとか選ぶとかそうした次元のことではないので何ともなりません。

相手の主観領域のことなので、「相手が理解しているか」ということを完全に知ることはできません。できるとすれば間接的な「印象」の領域における推測くらいしかない、というのが本当のところです。しかし社会生活においては、それで特に問題は起こりません。

「この質問をして私が手に入れたいものは一体何なのだろう」

それを自省することができれば、意志の本来の姿が見えてきます。

意味を記述しても主に何某か別の意味を記述するにとどまります。

意味と主観とは本来切り離されています。

感情により破綻した論理が生まれ、また一方で、理から外れると無駄な感情が働きます。

それらが静まると見えるもの、それが本来の現実です。

問いに潜む問いの意図。

問ひわきまふる心愚かならず。

Category:菊花の約

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ