万夫の雄人に勝れ

特に弟の友人あたりの人たちになりますが、勤め人の方に副業関連の話をたまに相談されたりします。

そうした時によく出てくる言葉が「月数万円くらい」という言葉です。まあ仮に5万円としておきましょう。

しかしながら残念なことに副業という感覚で月5万円を稼ぐより50万円稼ぐ方が簡単だったりします。まあこれはあくまで例え的な数値ではあるものの、感覚としてはそんな感じです。

数値的に「それはおかしいだろう」となりそうなものですが、それは事実なので仕方ありません。

その理由としては簡単で「月5万円」と考えると、月5万円の収益のパターンしか見えず、逆に時間や方法論が限定化されてしまうというところにあります。これは結構盲点となっているようです。つまり「うっかりしてたなぁポイント」ということになります。

また、それくらいの数字なら勤め先で難癖つけて残業したり、日々のコストを減らしたり、何かしらのポイント利用等々をすればすぐに達成できてしまいます。

ということなので本格的に収益を上げようという気持ち自体が弱いものになってしまい、ふとしたことで「まあ別にいいか」ということになりやすいという感じになっています。

その他、例えば何かのサービスを提供して一回で5万円の収益が上がるとしましょう。

そうなると、それを「月一回だけ」と限定化するほうが難しいような気がします。月一回に合わせようとすると広告の仕方などが極めて難しくなってしまうからです。

「時間的に月2回来てはまずい」ということになると、結局うまくいかず、お客はゼロということになりかねません。

こうしたお客獲得についても、ある時までは反応が出ず、ある時点からビビビッと反応が出だす閾値のようなものがあります。

それはテストの点が一定以上無いと合格にはならないということに似ています。合格点まで届かないのなら、合格点に極めて近くても合格とはなりません。しかし基準値を超えると、想定したよりも人はやってきますし、「せっかくそこまで来たのなら」という感じになってきます。

それまでは労力や費用の割に反応無しで、今後は労力や費用に応じて二乗、三乗の結果が返ってくるとなればもっとやりたくなってくるのが普通の感覚でしょう。

ということで、少ない金額に合わせるということは結構難しいのです。

それにきっとですが、そうした相談をしてくる人たちの多くは、心の奥で「下手に考えて行動を起こすより、バイトをしたほうがいい」と思っているはずです。

それは確かに理に適っています。

しかし一般に考えられている合理性とは少し違った意味での合理的選択という感じになっています。

実際になるかどうかは別として、コンビニの雑誌棚にならぶ経済誌に載っているような人々も、普通に考えれば「とても辿り着けそうにないような人」に見えてしまったりするかもしれません。

しかし、あくまでそうした収益の上がり方は指数関数的であるということを知っているか否かでそれに対する感想は変わってくるはずです。

きっと「それをやり続けた人たちなんだなぁ」という感想を持つ程度になってくるはずです。

それはそれですごいことですが、「揚子江のカワウソは、川の水をすべて飲もうとはしない」のと同様に、やりたいことに応じてやればいいだけで、別にそうなる必要もないということも感覚で理解できるようになるでしょう。

万夫の雄人に勝れ。

その実、指数関数的増加の果て。

Category:菊花の約

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ