アブニー効果

すぐにお役立ちの心理学が満載

アブニー効果(Abney’s effect)とは、実際の色の見え方は、彩度の低下とともに変化する現象のこと。理論的には、ある特定の波長の単色光(色光)に白色光を混色すると、その白色光の量に応じて色光の彩度のみが低下し、色相は変わらないと考えられるが、彩度の低下とともに色の見え方自体が変化してしまうことを指す。

アブニーの法則

アブニーの法則(グラスマンの法則 第四法則)とは、加法混色における輝度の加法則で、「輝度(きど)αの色光A」と「輝度bの色光B」を加法混色することによって得られた色光Cの輝度は、a+bになる輝度の加法則のこと。グラスマンの法則の第四法則とも呼ばれるが、この加法混色における輝度の加法則を確認したアブニ氏ーの名からアブニーの法則とも呼ばれる。

心理学 一覧

Category:心理学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ