道化師が必要な人

道化という字を見ると、やはり太宰治氏が思い浮かびますね。「人間失格」「道化の華」(青空文庫)などなど、道化ということについて自分塾を開きすぎたがゆえに入水自殺してしまいました。人間失格については以前に「恐れられる眼」で、少し触れましたね。

さて、無理をすると、どれほど凄まじいことになるか、ということについて書いていきましょう。道化師が必要な場合です。

人生には笑ってやり過ごさなければならない時がやって来ます。

どういうリアクションを取ればわからないものの、ひとまず笑ってやり過ごさなければならないような場面があります。

太宰治氏が自らの道化で、もがき苦しんだ一方で、「どんな道化でも結構、なんとかやりすごさせてくれ」と、助けを求めなければならない時がやって来ます。

道化師が必要な場合

道化師が必要な場合

芸術作品

すぐに頭を流れてきました。

僕の頭はこれしか答えを出せませんでした。

頭の中には道化師が住んでいるのかもしれません。

僕の頭に流れた歌

道化師が必要な人 曙光 451


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ