男イチコロメニュー 改

いちおう和洋中はたいてい作れるのですが、今まで手を出したことのないジャンルに手を出そうということで、「魚」に着目したことがあります。

それまでは、いいところ調理実習でつくったムニエルくらいです。

「魚料理」と呼べるのかどうかはわかりませんが、魚の中で最強は「鯖のへしこ」だと思っています。次は鰯でしょうか。

ただ、夏は鱧、冬はぐじ、ということで、京都人は大の「ぐじ(ぐぢ)」こと甘鯛好きですが、腐っても鯛ということで、鯛をメインにしてみることにしました。

普段は鯛といっても寿司、刺身、塩焼き、くらいなものですが、酒蒸しを筆頭に鯛をどう美味しくいただくかを模索しました。

鯛のアラ

「あら」は、何といっても激安です。5尾入って100円というレベルの安さですが、鯛の骨にこそ決め手があります。

2パック買って、最強の鯛のおすましを作ることにしました。

ここで気をつけたいのが「もったいない」という抵抗感です。

以前、ガチンコラーメン道か何かで、「こんなに身を取ったら、いい味なんて出ません」という弟子のセリフの後、「でないとうちの味にならないんだよ!」と、師匠がキレ返すシーンがありました。

それをふと思い出して、ウロコを処理したあと、氷水で鯛のアラを洗いまくり、綺麗に血糊を落としました。

水面にはたくさんのアブラが浮いていました。刺身を醤油につけた時にジュワッと醤油に流れ出す時のアレです。

「これで旨みが抜けるなら、倍入れてやれ!」

という精神のもと2パック使ってしまいました。

あとは酒と塩と昆布とみつばが生み出すイリュージョンを待つばかりです。

ちなみに、鯛の中に鯛がある、ということは知っている人はみんな知っているような話ですが、この時初めて知りました。

いざ完成すると、確かにうまい、私事ながら絶品です。

かかった費用など300円くらいです。

見事に数リットルのおすましが出来てしまいました。

男イチコロメニューなどと銘打ちながらも、女性に大絶賛でした。

過去記事⇒男イチコロメニュー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ