暇と退屈

暇なときに人がとる態度といえば

「やばい!暇になってはまずい!」でしょう。

あれほど「寝まくりたい」と言っていたにも関わらず、惰眠の後「暇だ、やばい、暇だ」となって何故か不安になります。

特に他人を意識しなくても、こうなるでしょう。そして、特に他人の目が気になるときは、携帯電話をいじっています。

最近やたらに「LINE」というものがもてはやされています。

別にたいして革新的な技術ではないのに、やたらに多用されます。

そして、ファミレスなどでは、他人に聞こえるようにメッセージ受信の馬鹿でかい音をティーンたちは鳴らしまくります。

「俺には友達がいる」

そんなアピールなのでしょう。

それは、高級車に乗って、信号待ちで通行人が自分の車に注目しているかを「日本野鳥の会」並に確認している作業に近いものを感じます。

家でひとりでいるときでも爆音で鳴らしていることでしょう。

「ほら、俺には友達がいる」

そんな確認作業なのでしょう。

暇ということ

何故か暇というのは、馬鹿にされる対象のように取り扱われます。

「お前みたいに暇じゃない!」

「そんなことしてるなんて暇だねぇ」

すぐにわかることですが、「頑張ってる俺を認めて欲しい」の表れです。

そんな相手の自我には振り回されないことです。

そして、よくよく考えてみると、本当は「働かないでいい状態」に憧れているはずです。

「金持ちになりたい!」という人は、何かを買って自慢したいという気持ちも持っていますが、「嫌なことをやらなくてもいい状態が欲しい、でも、それにはお金がいる」そんなことも思っているはずです。

つまり、「暇」を馬鹿にしながら「暇」に憧れているという、ことに気づいていません。

一応これは矛盾ではありません。

的確かどうかはわかりませんが、近い言葉で表せば「嫉妬」です。

でも、「嫉妬なんかしてねぇよ!」と言うでしょう。

嫉妬は「恥ずかしいこと」だから、馬鹿にされる、と思っているからです。

そんな気持ちを引き摺ったままでは、金持ちになっても楽しくないですよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ