花簪(はなかんざし)ローダンセ アンテモイデス

花簪(はなかんざし)

花簪(はなかんざし)は、キク科ローダンセ属(Rhodanthe、ローダンテ属、ロダンテ属)の半耐寒性多年草(生育環境によっては一年草扱い)。オーストラリア原産で、かつてはへリプテルム属に分類されていたため、へリプテルムと呼ばれることもあります。現在はキク亜科メナモミ連ローダンセ属(ローダンテ属、ロダンテ属)に分類されます。同属のローダンセ(ヒロハノハナカンザシ)は一年草のようです。

花簪(はなかんざし)ローダンセ アンテモイデス2

花簪(はなかんざし)ローダンセ アンテモイデス2

花簪(はなかんざし)の名は流通名であり、本来のハナカンザシは「Rhodanthe chlorocephala subsp. rosea」の和名であり、ここではローダンセ アンテモイデス(Rhodanthe anthemoides)について触れていきます。

花簪(はなかんざし)ローダンセ アンテモイデス

花簪(はなかんざし)ローダンセ アンテモイデス

花簪(ローダンセ アンテモイデス)の花

花簪(はなかんざし)ローダンセ アンテモイデスの花

花簪(はなかんざし)ローダンセ アンテモイデスの花

花簪(はなかんざし)ことローダンセ アンテモイデスの花弁は八重咲きでカサカサ気味ですが、珪酸質のため色や形がキープされています。真ん中の黄色い筒状花が花であり、白色の部分は総苞片です。

花簪(はなかんざし)ローダンセ アンテモイデスの開花

花簪(はなかんざし)ローダンセ アンテモイデスの開花

花が開く少し前はこんな感じです。

花簪(ローダンセ アンテモイデス)の葉

花簪(はなかんざし)ローダンセ アンテモイデスの葉

花簪(はなかんざし)ローダンセ アンテモイデスの葉

花簪(はなかんざし)ローダンセ アンテモイデスの葉はこんな感じです。幅3mm程度の細い葉がつきます。

学名: Rhodanthe anthemoides

キク科

Category:植物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ