竜胆(リンドウ、リュウタン)

竜胆(リンドウ、リュウタン)は、リンドウ科リンドウ属の多年生植物。やや乾いた山地や高地に生える多年草で、草丈30~80cm、50cmほど茎を数本出します。花期は9~11月。「リンドウ」という名は、近縁の他品種や他種を包括して指すこともあります。かつては、疫病草(えやみぐさ、瘧草)といわれたそうです。また、苦菜(にがな)と呼ばれていたりもしたようです。

リンドウは、本州から四国・九州の湿った野山に自生し、葉は細長く、対生につきます。主に赤褐色で細い卵状披針形です。

リンドウの花は、晴天時だけ開く、釣り鐘型のきれいな紫色で、茎の先に上向きにいくつも咲かせます。花は長さ4、5cm程度の筒状で、先端は5つの裂片になっています。雅やかな青紫色で、秋に周りの他の花々が枯れる頃にもまだ咲いており、天候の悪い日や、夜には閉じられますが、枯れ草の中の青い花は、ひときわ目立ち美しく見えます。

リンドウの漢名は「竜胆(リュウタン)」であり。リンドウの根を苦味健胃剤として消化不良、食欲不振などに用います。薬効成分は、セコイリドイド配糖体、キサントンなどで、根や根茎が用いられます。

竜胆(リンドウ、リュウタン)もまた、薬用秋の七草です。

学名:Gentiana scabra var. buergeri

Category:植物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ