信義を重んじて態々ここに来る

接待ゴルフという言葉は昔からありますが、全くいやいやというわけでなくとも、本当はそれほど乗り気でもないのに付き合いできているという人たちと遊んで本当に楽しいのか、と小学生の時から思っています。

まあ脳筋体育会系としては、部下や後輩を侍らせている、とか、自分の鶴の一声で、というところで自尊心を回復していたりするのでしょう。

僕の感覚としては、「義理で来てくれている」と思った時点で、「相手に気が悪いなぁ」と思ってしまい、逆に楽しめなくなります。意識の何割かはその人に向くため、目の前の遊びへの集中が阻害されるからです。それならば独りのほうがいいと思ってしまいます。そういうところが文化系なのかもしれません。

特にそれが役割上部下にあたる人や後輩にあたる人であればさらに「気が悪いなぁ」という気持ちが高まります。

接待をされたら負け

ということで、僕はいつからか「接待された側の負け」ということを思うようになってしまいました。まあ返報性の原理から考えると、心理的な負債を抱えることになるということが関係しているのでしょう。

形式上自分が接待をされている側であっても、相手に気を遣ってもらって自分が喜んでいるというのは一種の負けであり、相手の気分を高めてこそその場にいる価値があるというふうに考えてしまいます。

その根底には2つくらいの要因があります。胴体としては一つですが、一つはお金を払って異性に相手をしてもらうことは負けという意識があること、もう一つは、実際にそうしている人たちを醜く感じてしまうということです。こうした意識は小学生の時からあり、高校生くらいで確定的になりました。

端的には、異性と話して「お金をもらうのはこっちだ」というくらいでないと気が済まないという感じです。といっても実際にもらったり請求したことなどもちろんありません。

実質的な経費は別として、「お金を払って」となると、どう考えても「自分は金銭的負担をしなければ相手にもされないのだ」ということを肯定することになります。

そしてさらに、そんなことをしだしたとなれば、少なからず相手の思いを受け入れきれず、交際をお断りしなければならなかった人たちを含めて、歴代の様々な関わりを持った女性陣にも失礼なことになります。

そんな姿を見られようものなら

「もっといい男だと思っていたのに、落ちたな」

と思われてしまいます。そうなる方が嫌です。

というような気持ちが昂じて、男女問わず「接待をされたら負け」ということを思うようになりました。

信義を重んじて態々ここに来る。

「来てくれたからには接待を。行ったとしても接待を」

Category:菊花の約

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ