中小零細企業を侮る中小企業診断士

中小零細企業を侮る中小企業診断士ということで、胡散臭いコンサルタントとまではいかないものの、たかだが国家資格を取得した程度で先生気取りをする中小企業診断士持ちのコンサルタントについてでも書いていきます。

「国家資格を取得した」ということで、もちろん中小企業診断士です。

まあもちろん中小企業診断士としてまともな人もいるのですが、一回も会社経営をしたことがない中、国家資格取得によって自惚れている人も結構いるので、全国の中小零細企業の方々を代弁すべく少しそうしたコンサルタントについて触れてみようかなぁと思ったしだいです。中小企業診断士というものについて非難しているわけではないのであしからず。

資格による思い込み

こう言っては何ですが、ある程度のレベルの資格を取得すれば、それを持たない人たちが黙るだろうという感じで思っている人が結構いるのではないでしょうか。

極端に言えば、中小企業診断士という肩書さえあれば、中小企業、零細企業レベルの人間ならば、黙り込むだろうというような感覚を持っているという感じです。

もうそろそろそうした憐れな幻想を抱くのはやめましょう。

学歴とか資格とかに大いなる期待を寄せていると言う感じがしますが、業務独占資格や官僚の世界、学閥のある企業の世界ならいざしらず、対民間企業の自由競争市場においては、そうしたモノが通用する空間ではないということは見抜けないのでしょうか?

中小企業診断士なのに見抜けないのでしょうか?

見抜けない人が中小企業の何を診断してくれるのでしょうか?

最近はそうした中小企業診断士を取得することが流行っているのか、比較的若い世代の人たちの中には、中小企業診断士を取得してすぐに独立するということをする人がいます。

それはそれでいいですが、そうした人たちの中には、明らかに中小零細企業の経営者を侮っている感が否めないコンサルタント的な人がいます。

まあ、省庁のぶら下がり機関等々において、経営者に向けた相談窓口などもあり、また、経営者と言ってもレベルは千差万別なので一定の需要はあると思いますが、ウンチクの講釈だけで企業は成り立ちません。

成功するぞ系、精神世界系の怪しいコンサルタントよりは多少マシなのかもしれませんが、まずは自力で会社の一つでも安定経営してみてはいかがでしょうか、ということを思ってしまいます。

おそらく現状素質的に商いに向いていない

そうした資格さえあれば相手は黙ってお願いをしてくるだろうという発想自体が、素質的に商いに向いていないと思いますが、いかがでしょうか。

何だかそれは、自尊心が欠落した人が、国家資格という必殺技のようなものさえ使えば一気に形勢逆転できるというような強がりにしか見えません。

そして仮に「市場」で考えた場合、今後もそうした感じで独立していく人が増えていくとすれば、競合相手がどんどん増えていくことになります。

そうなれば、資格単体では何の優位性も生まれません。

よほど権威性があるか、たくさんの実績を持っているか、というところで差がついていきます。

そんな中、肩書だけを頼りに「中小零細企業の社長ごときが」なんてなことを思っていて、そうした人たちがお客になってくれるのでしょうか?

まあそんな中でも、一定数はカルトにハマるように感化されてくれる人もいるかもしれません。そうした人たちの中でお山の大将を気取るのも良いでしょう。

いずれ嫌でも結果は現れますから、そうした人はそうしていただいて問題はありません。

実力があるなら自力で運営したほうが儲かるはず

また、根本問題として、本当に中小企業を立て直せるほどのスキルがあるのであれば、企業を買収して立て直し、また売却するという感じでもいいですし、新規創業であれ、買収であれ、ひとまずスキームだけ組んで後は誰かに任せるという感じで、企業を動かしていたほうが儲かるような気がしますがいかがでしょう。

もちろんその場合は、動かすお金も大きなものになりますし、うまくいかないリスクもあります。

でも実力があって人にお願いされるようなレベルであるならば、それくらいはできるはずであり、わざわざサポート役に徹するよりも収益は大きいはずですが、コンサルタントという仕事にしがみつくのはなぜでしょうか?

まあそれは一律には論じ得ないでしょうが、「実力があるなら自力で運営したほうが儲かるはずである」という事実は揺らぐことがないと思います。

士業事務所で得たスキル

と、中小企業診断士の資格取得から一気に独立したようなコンサルタントについて少し触れてみましたが、先日実際にそうした人に会ってしまったので、一応書いてみたという感じです。

何でも独立前は、某士業事務所(中小企業診断士に関する事務所ではありません)で事務員さんをしていたそうです。

それで中小企業診断士の資格が取れたので独立した、と。

で、今は某団体にぶら下がって相談員的なことを始めだしたということでした。

それはそれでいいですが、残念ながらその場にいた社長さんたちに冷ややかな目で見られていました。

なぜなら、中小零細企業の社長さんたちを侮るような感じだったからです。

その社長さんたちのうちの1人が、「皆さんどんなことを相談されるんですか?」と質問していました。

「売上向上ですね」

という返答でした。

その場は異様な雰囲気に包まれました。

なぜならそのコンサルタントの人は、独立したてであり、まだお客をつかんでおらず、かつ、独立前は士業事務所の事務員さんだったので、「売上」というものを人生で一度も作ったことがなかったからです。

胡散臭いコンサルの次はポンコツなコンサル

Category:company management & business 会社経営と商い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ