ブローカ-ズルツァー効果

すぐにお役立ちの心理学が満載

ブローカ-ズルツァー効果(Broca-Sulzer effect)とは、閾上の明るさ知覚において、同じ輝度であれば、2秒間呈示される場合よりも、短時間呈示の方が明るく感じられる傾向があり、50~120ミリ秒付近でピークが生じるという効果。明るさ知覚において、光化学反応のブンゼン-ロスコーの法則、光覚閾におけるブロックの法則から予測される輝度以上の効果を持つ場合を示す。ブローカ-ズルツァー効果の名称は、ブローカ氏(Broca)とズルツァー(Sulzer)氏から。

ブローカ-ズルツァー効果は、単純には光の強さ、明るさが同じであれば、一瞬だけ見せられる方が、ずっと見るときよりも明るく見えてしまうという効果である。

ブンゼン-ロスコーの法則とブロックの法則

心理学 一覧

Category:心理学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ