アフォリズム(aphorism)

アフォリズム(aphorism) 箴言

一覧(目次)

アフォリズム 1-10

  • 1.環境コントロールの結果
  • 2.役人の喜び
  • 3.具体案への同意
  • 4.狂気への感染
  • 5.英雄への憧れ
  • 6.芸術家の自惚れ
  • 7.設計と人格
  • 8.語学への評価
  • 9.幼少期の共通心理
  • 10.祖母の胎内

アフォリズム 11-20

  • 11.腕の見せ所
  • 12.反省する動機の欠如への対処
  • 13.吐出口を失った興奮
  • 15.完全
  • 16.そちらの都合
  • 17.点と言い訳
  • 18.自らの足
  • 19.「ありがとう」への憤怒
  • 20.真逆の見解

アフォリズム 21-30

  • 21.適役と肩書
  • 22.大人による焼き直し
  • 23.大人になってからでもできる
  • 24.機能の客観視
  • 25.観るべき対象
  • 26.より良く生きる方法
  • 27.関係により形成されるもの
  • 28.尽くされることへの逆説的性質
  • 29.いかに捉え、いかに感じるか
  • 30.社会生活能力と思考力

アフォリズム 31-40

  • 31.美しさの価値の尺度
  • 32.次元の多さ
  • 33.成熟したものの刈り取り
  • 34.当然の不満への疑い
  • 35.影の操作
  • 36.相手の言動
  • 37.どこで受けるか
  • 38.売り物と収益
  • 39.偶然ばかり
  • 40.生き方の提案

アフォリズム 41-50

  • 41.作り出された不足
  • 42.背筋の寒さ
  • 43.案に困る時
  • 44.優越感
  • 45.宗教顔
  • 46.学問の道
  • 47.肩の力
  • 48.義務感と責任
  • 49.責任と思考
  • 50.他人の影響

アフォリズム 51-60

  • 51.錯覚が解けた後の感覚
  • 52.自称「妻がいるのにモテる男」
  • 53.脇と品性
  • 54.明るい偏見
  • 55.そのままでいてくれて構わない
  • 56.感謝と当然
  • 57.保存を意図した消極性
  • 58.見えたもの
  • 59.カッコよさの基準
  • 60.意を決した言葉

アフォリズム 61-70

  • 61.桜に対する態度
  • 62.歩みを進めてこそ見えるもの
  • 63.思考停止
  • 64.外から浴びる情報
  • 65.遺伝と後天性
  • 66.己の言葉を躱す者
  • 67.権限と責任
  • 68.プロセスを踏んだだけ
  • 69.いやよやめては
  • 70.狂いの到達点

アフォリズム 71-80

  • 71.身の上の確認
  • 72.みんなのために
  • 73.男の権利
  • 74.言葉狩り
  • 75.だまし絵
  • 76.若き日の栄光
  • 77.誇りの感覚
  • 78.都市部の地名
  • 79.実際を知らぬ者
  • 80.反応としての怒り

アフォリズム 81-90

  • 81.聖典の言葉
  • 82.科学的なものと再現性
  • 83.書物により得れる範囲
  • 84.企画の抜けた部分
  • 85.君の偉業と私の関係
  • 86.日々垂れ流している小銭
  • 87.嫌なやつ
  • 88.仲の深度
  • 89.解釈や記憶と「苦」
  • 90.気の狂れたような自信

アフォリズム 91-100

  • 91.ため息の奥の自惚れ
  • 92.異性への理解
  • 93.普通の方法と苦手意識
  • 94.緊張と興奮
  • 95.汎用性なき例え
  • 96.言語的価値による評価
  • 97.操作感への欲からの提案
  • 98.優れた作品の喜び
  • 99.実験の定義
  • 100.疲れの要因

アフォリズム 101-110

  • 101.ギリギリのライン
  • 102.神話の類型
  • 103.学問の内側への閉じ込め
  • 104.言われたとおりにこなしたところで
  • 105.需要を生み出すための「問題」を生み出す
  • 106.相手は黙るだろう
  • 107.身内ではない他人による慈悲
  • 108.大掛かりな施し
  • 109.その場の最良
  • 110.思いを切る

アフォリズム 111-120

  • 111.寝ぼけ
  • 112.可能性を含む評価
  • 113.「済ます」の発想
  • 114.適切な距離
  • 115.予定を断ってでも空白を作る
  • 116.良き書物による脱力
  • 117.変人を味方に
  • 118.高齢者との会話
  • 119.腹優先
  • 120.必要な物

アフォリズム 121-130

  • 121.社会的な致し方なさと本能
  • 122.精製と不足
  • 123.社会の穏やかさ
  • 124.存在の肯定
  • 125.他人の目
  • 126.腹の正しさ
  • 127.誠実さと焦燥
  • 128.離職の原因
  • 129.持ち物を評価しない
  • 130.思い出すような感覚

アフォリズム 131-140

  • 131.母語としての方言
  • 132.浴衣姿への印象
  • 133.少しの仕返し
  • 134.執著を生む努力
  • 135.臆病風による生産性の低さ
  • 136.長子としての優遇
  • 137.女体育教師
  • 138.冷徹な対応
  • 139.不誠実
  • 140.仮止め

アフォリズム 141-150

  • 141.群れて叫ぶよりも自立の意識を持つ方が早い
  • 142.日々の複利計算
  • 143.芸術家の自称
  • 144.属した空間の数
  • 145.厚かましい嘆き
  • 146.「何もしたくない」というは本当か?
  • 147.こだわりと速度
  • 148.どちらも完璧
  • 149.説明への焦燥
  • 150.幼心

アフォリズム 151-160

  • 151.こじらせ坊やの晩年
  • 152.問題視と楽しみ
  • 153.辛さと笑い
  • 154.仕事という伝家の宝刀
  • 155.殴られない前提とモテの放棄
  • 156.杜撰さと過失
  • 157.怒りに関する筋違いの論調
  • 158.宗教的矛盾と解釈変更
  • 159.専門家と狭い世界
  • 160.全自動で動く世界を傍観する

アフォリズム 161-170

  • 161.問題という錯覚
  • 162.意識に上ることがない「していないこと」
  • 163.歩み寄るものの底意
  • 164.見せかけの好青年
  • 165.幸せそうな人を模範に
  • 166.レバレッジの説明
  • 167.自然発生したものかのような装い
  • 168.必要な対応
  • 169.自分への驚き
  • 170.力みへの気づき

アフォリズム 171-180

  • 171.嘲罵の浅薄な根拠
  • 172.支配のための利用としての第三者への称賛
  • 173.モテの放棄と論理的思考
  • 174.操作の結果としての判断基準
  • 175.舞台設定と臨場感
  • 176.生活から導く倫理
  • 177.優しさと堕落
  • 178.突き動かすもの
  • 179.本気と狂気
  • 180.抵抗と放棄

アフォリズム 181-190

  • 181.成り行きと主導権
  • 182.髭と脇
  • 183.タイヤの細さと前髪
  • 184.くだならなさ
  • 185.何を待つのか
  • 187.良好な関係
  • 188.良心と怒り
  • 189.良き思い出と感覚
  • 190.罪と罰の副産物

アフォリズム 191-200

  • 191.君の楽しさや安心
  • 192.安ドラマの安演出
  • 193.若き野心とおじさん
  • 194.似て非なるものを見抜く
  • 195.美に遠き者
  • 196.愛の抽象性
  • 197.例外が原則
  • 198.気づきのための経験
  • 199.言葉による肯定
  • 200.決まっていることと決めること

アフォリズム 201-210

  • 201.権威性への信頼
  • 202.直感の悪用
  • 203.生活の継続
  • 204.景気と収益
  • 205.大人目線で捉えることにより削ぎ落とされる個性
  • 206.形態や生態の遠さ
  • 207.知識と物語
  • 208.謂れなき非難への態度
  • 209.喜びの遅れ
  • 210.出口への意識

アフォリズム 211-220

  • 211.続かないやる気
  • 212.言葉にすること
  • 213.無念無想
  • 214.より良きもののための要素
  • 215.相手の自己認識
  • 216.先に置く
  • 217.正しい議論
  • 218.弟の存在
  • 219.優しさの継続
  • 220.気分を指標にして風穴を

アフォリズム 221-230

  • 221.ごまかせる何かを求めて
  • 222.勝手に笑う
  • 223.無条件の素晴らしさ
  • 224.紳士的な振る舞い
  • 225.心理学の価値
  • 226.妻や母であろうとも
  • 227.集中に適した空間
  • 228.カルト的狂気
  • 229.自己完結
  • 230.因果の受け取り

アフォリズム 231-240

  • 231.精神的負荷の肩代わり
  • 232.こんな日々が続けばいいのに
  • 233.なぜ伝わらないのか?
  • 234.パズルゲームと調子
  • 235.老いとワクワク
  • 236.事実のあっけなさ
  • 237.気がかりと進捗
  • 238.風による乾燥
  • 239.「カルトに注意」というカルト
  • 240.疲れの軽視

アフォリズム 241-250

  • 241.恐怖と世代的敵意
  • 242.例外はあるにしても、それはただ例外である
  • 243.害と誤謬
  • 244.不可解な抵抗
  • 245.立場と思い
  • 246.著名人の名
  • 247.攻撃と傷
  • 248.本当のことを言う価値
  • 249.馬鹿への態度
  • 250.線を作るもの

アフォリズム 251-260

  • 251.別のところにある理由
  • 252.利己心の範囲
  • 253.異性への理解と取り扱い
  • 254.暇と哲学
  • 255.研究や実験とアンケート
  • 256.逆効果としての思いやりや愛情
  • 257.人としての言葉と女としての言葉
  • 258.勤め人の視野の制限
  • 259.最大限に楽しむ
  • 260.「知るか!」

アフォリズム 261-270

  • 261.若い芽の取り扱い
  • 262.納得とコストの膨れ上がり
  • 263.試験の結果
  • 264.その空間を構成する数
  • 265.冒険と生活
  • 266.情けない選択
  • 267.若年の特権としての狂気
  • 268.即効性の逆説
  • 269.同調する者の不在
  • 270.ただ単に遠くから眺める

アフォリズム 271-280

  • 271.体の疲れと睡眠
  • 272.今の状況の判断
  • 273.認識不可能な理由
  • 274.エネルギー生成のための不快
  • 275.教養と感情
  • 276.必要なものの訪れ
  • 277.レベルと喧嘩
  • 278.不自然な人付き合い
  • 279.記号と仮説
  • 280.極度の緊張

アフォリズム 281-290

281.どうでもいいことの証明
282.料理と水分
283.神格化の前提にあるもの
284.愛と慈悲
285.いじめられている者の底意
286.動きと休息
287.シッダールタと坊主
288.数ステップの差
289.情報状態と線
290.四向四果の印象

アフォリズム 291-300

  • 291.能動と受動
  • 292.無駄そうな時間
  • 293.手や腕とまともな思考
  • 294.新しい方法を見聞きした時
  • 295.思い込みの克服
  • 296.狂人たちの業績
  • 297.断定的口調に冷める者
  • 298.直線と殺風景
  • 299.徒歩と思索
  • 300.思い切りの例

アフォリズム 301-310

  • 301.年配者の無関心
  • 302.記憶に対応した痛み
  • 303.男性専用、女性専用の曲
  • 304.社会的対象の空虚さ
  • 305.「普通の言動」と幸福
  • 306.気づいた時の脱力
  • 307.自由という牢獄
  • 308.略語としての活
  • 309.今現在以外への意識
  • 310.動作への集中

アフォリズム 311-320

  • 311.無気力の但し書き
  • 312.その場の最適を選んで意識を向ける
  • 313.受け入れと飲み込み
  • 314.うまくいかないこと
  • 315.情報による暴走と手綱
  • 316.初回の決定要因としての権威
  • 317.仮観とキリスト教的世界観と社会生活
  • 318.己が興奮のための助言
  • 319.欲や怒りが静まった時に現れる顔
  • 320.執著の対象の変化
Category:アフォリズム