ずぶの素人よりはましだろうと

ずぶの素人よりはましだろうということなのか、自称コンサルタントの方の中には、名刺の裏の業務案内に「節税のご相談」ということを平気で書いていたりします。もちろん税理士資格を持たれているわけではありません。

無償でも税理士法違反になるということを知らないということになりますが、そのあたりを確認もせずに平気で名刺に書くのだからちょっとした絶望がやってきたりします。

金融や不動産などを扱ったりする「税が絡む業種」の方でも、営業活動においての説明に関して、一応事実としての一般論しか話してはいけないということになっていますが、そうした取り扱いについては社内でも結構厳しく指導されていたりします。

ということでそうした業界にいた人であれば、一応知っているレベルの話ですが、名刺の裏に書いている割にそのあたりについて知らないということは、結構危ないのではないかと思ったりします。

といっても、ほとんど相手にされていないというのが実情なので、あまり問題にはされていません。たまに「書かないほうがいいですよ」と誰かに指摘されて名刺を刷り直すということが起こる程度です。

そのレベルの話であればFP3級くらいでも出てきそうな気がするので、実際にそうした方に出くわした際「何をどう学んで名刺に書こうと思ったのか」というところを伺ったのですが「セミナーで学んだ」ということのようでした。

ということで「FP3級くらいでも出てきそう」ということについて触れたので、日常レベルのお金の感覚とFPについて少し触れようと思います。

特に資格を取って企業に評価してもらおうということを意図しなくても、今後の人生で「お金がらみであまり損をしたくない」ということを思う場合は、3級レベルでいいのでFPの学習をおすすめしておきます。

単に概要を知るだけであれば古本屋で昔の年度のものが安くで売っていると思いますので、費用は数百円程度です。

細かな数字は1、2年で変わっていったりするので、資格を取る場合でなければ暗記する必要もありません。

「広告のような新聞」によくFPによる講演などの案内や特集記事が書いてあったりしますが、学ぶにしても総論を飛ばして各論に行くと単に金融商品を購入する意図くらいしか生まれないような気もしています。

僕としては、社会の構成員の大半がFP3級くらいの知識を持った時、世の金融や不動産のあり方がどう変化するのかということを見てみたいと思います。

3級くらいの基礎が一般常識となった場合、それらの営業のあり方や商品設計のあり方がどう変化するのかというようなところに面白さが出るような気がするという程度ですが、まあそれなりに面白い変化が生じるのではないかと思っています。

Category:笑う月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ