カテゴリー別アーカイブ: さよなら私(みうらじゅん氏)

さよなら私(みうらじゅん氏)

さよなら私

早いもので、この特別企画は最終回を迎えることになりました。 ついでに言うと、この記事をもって100投稿目になります。 スタートしたのが5/5なので、完走まで5日間でした。 一日10投稿程度でしょうか。大体予想通りです。 「これは書きやすいな」と思って「さよなら私」のお題を拝借したわけではなくて、ただ単にその時目の前にあっただけでした。 さよなら私シリーズは全52投稿ですが、また、何かの折に特別企画を行うかもしれません。 ― だいたい、文体や書いている内容で、その人の印象は出来上がるものです。 「多分体はでかいな」と

» さよなら私の続きを読む


じゃまくさいが正しい

他人と比較すると苦しくなるのは、再三書いてきたことですが、改めてじゃまくさいについて考えてみたとき、そのまま行くと、「他人と比較しない自分づくり」が必要なのではないかと思ってしまいます。 でも、そんなことをしなくてもかまいません。 そんな試みを行ったところで必ずがっかりするでしょう。 自分というものを意識している限り、そこからは抜け出せないからです。 「自分」という存在が「ある」と思っているからこその他人との比較で、自分がなければ比較することすらできません。 じゃあ「自分があると思わないようになるにはどうしたらいい

» じゃまくさいが正しいの続きを読む


キープ・オン・バカさ

「頭がいい」ということはかなり安易に使われています。 回転が速いのか、ものすごく知識量があるのか、それとも理論に抜け目がないのか、それらを前提として置かないまま、曖昧に「頭がいい」という言葉を使っています。 知能指数の高さをやたらに主張してくる人がいます。 「頭はいいほうがいい」これは、「モテ」を意識しているから出てくる発想ではないでしょうか。 以前、植物の生き方について触れましたが、思考は苦悩の元凶です。 主従関係を逆転させて、それをただの「一構成員」として使えるようになったとき、苦悩はなくなります。 過去記事は

» キープ・オン・バカさの続きを読む


暇と退屈

暇なときに人がとる態度といえば 「やばい!暇になってはまずい!」でしょう。 あれほど「寝まくりたい」と言っていたにも関わらず、惰眠の後「暇だ、やばい、暇だ」となって何故か不安になります。 特に他人を意識しなくても、こうなるでしょう。そして、特に他人の目が気になるときは、携帯電話をいじっています。 最近やたらに「LINE」というものがもてはやされています。 別にたいして革新的な技術ではないのに、やたらに多用されます。 そして、ファミレスなどでは、他人に聞こえるようにメッセージ受信の馬鹿でかい音をティーンたちは鳴らしま

» 暇と退屈の続きを読む


若いうち

「若いうちはこうした方がいい」 「まだ若いんだから」 そんなことをいうのはどこかで体育会系、いや、儒教的な発想があるからです。 「年上の方が優れている」 そんなことは、統制のために悪用された妄想です。 僕は孔子をミスター脳筋くんと呼んでいます。 「体育会系」という言葉をよく使いますが、別にスポーツそのものや、スポーツ選手を嫌っているわけではありません。 あんなのは遊びですからね。好きでもないですが。 「目上の人を立てる」 「目上ってなんですか?」 ただそれだけです。 それは、儒教の思想ですが、おそらく本来は、「みん

» 若いうちの続きを読む


人生サーファー

生きていれば現象としての波があります。 万物は常に安定などせず、流転しています。 その波に一喜一憂しているのは、波に飲み込まれているからです。 いっそサーファーになるといいかもしれませんね。 波の上に乗ってみてください。 すると楽しいだけです。 浮き沈みがあっても、その上に立っているのだから溺れません。 苦しいどころか余計に楽しいだけです。 もう一段階すすんで、ただの流木をイメージしても面白いかもしれませんね。 人生という名の航海 「人生という名の航海」とは、たまに聞くフレーズです。 ただ、大きな波が来ると、船は沈

» 人生サーファーの続きを読む


そこじゃない!

いくら自分で決めていい、ということになっても、目指す目標が「会社を作る」ことであるのならば、定款の認証や登録免許税を払っての登記は必要になります。 商いをするだけであれば、極論的には税務署への届出もせずに勝手にすることができます。 スーパーで80円のジュースを買ってきて、人に120円で売っても、それは商いです。 ただ、効率を考えれば、闇でこそこそやるより、堂々と自営業をしたり、会社化してもっと大きい規模のことをしてもいいはずです。 信用調査の手間を省くための「資本金1000万円以上の株式会社」しか相手にしないという

» そこじゃない!の続きを読む


本当に好き?

「本当に好きなことを探して、それだけをしなさい」 そんなことを言われても、なかなか本当に好きなことというのは見つかりません。 「将来何になりたいか決めなさい!」 そんな脅しをされたところで、数ある既製品の中から選べと言われているようなもので、それが思春期なら世の中をそんなに知らないので、トンチンカンなものしか選ばないでしょう。 「本当に好きなのか?」 そんなことをたまに考えてみてもいいですが、「理由」をいくら並べたところで事後的、あまり意味はありません。 たいていの場合は、その時たまたま「ストレスを紛らわせてくれる

» 本当に好き?の続きを読む


愛は無報酬

先程は性欲と「アガペー」ベースで少し触れましたが、再び「愛」です。 愛されることを望まずに、何かを愛することです。 「そんなことは損だ」と思ってしまうのは、この世は「有限で溢れている」と思っているからかもしれません。 「数に限りがあるのに、人にあげるなんてとんでもない」 と思っているのでしょう。数に限りのあるものもありますが、ほとんどは限りがありません。大抵は循環しています。 そして、常に変化しています。 もっと深いところをつっこむと、それは「あげるもの」を苦しんで得ているからかもしれません。 苦しんで得たお金を人

» 愛は無報酬の続きを読む


無理なもんは無理

「信じる」という言葉があります。 以前にも触れましたが、信じるということは無理なのです。 過去記事をどうぞ パッケージプラン 100%信じていれば、信じているという言葉とは別のものになります。 オスに聞きます。 あなたは自分がオスであるということを信じていますか? 「は?」 という感想を持つでしょう。 それが100%信じているという状態です。 「気持ちはメスかも知れない」といったところで、それはまた別問題です。 「オスであることを認めろ!」と言われて「嫌だ!」と言っても、「嫌」ということは自分がオスであることを知っ

» 無理なもんは無理の続きを読む


あきらめるが正しい

「学ぶは『まねぶ』からで、結局マネすることです」と、かなりの頻度で引用されます。 安易にこの言葉を使う人は、「ほら、俺を真似ろよ、俺を尊敬しろよ」と数%は思っているのではないでしょうか。 よく方法論ばかり解説する人がいますが、別にそれを取り入れて体感してみるのはいいのかもしれません。 しかしながら、うまくいかないことが多いように思います。 試してみる人用にカスタマイズされた方法論でもなければ、時代、状況、対象も異なるのだから当然でしょう。 あくまで参考程度でとどめておいたほうが得策でしょう。 そこに「20万円も払っ

» あきらめるが正しいの続きを読む


カッコイイって何

カッコイイって何なんでしょうね。 結局オスがメスの気を引くための「オレは強い」が転じたものなのか、「気の弱い自分を隠すため」なのか、「みんなと一緒がいいけど、やっぱりどこかひとつくらい違うところを」なのか、「弱った自分を奮起させるもの」なのか、さっぱりわかりません。 本能的なものが社会的なフィルターにかけられたか、自尊心の問題、といったあたりでしょうか。 でも、本当に誰に「カッコイイ」と思われたいのでしょうか。 思われるどころか嫌われることだってあります。 「ふん、妬んでやがる」と思うのは勝手ですが、そういうのは苦

» カッコイイって何の続きを読む


生きるって悲しい

人は他人と比較し、自分の置かれた状況に一喜一憂する生き物です。そんなことばっかりして一生を終える生き物といってもいいでしょう。「生きるって悲しいよね」とは、そのことです。本来は善悪の判断だけを教えておけば事足りる学校で、勝ち負けまで教わってしまった悲劇なのです。 「運動会で手をつないでゴールイン」が叩かれた時がありました。 確かにトンチンカンといえばトンチンカンですが、別に「運動」をする会なのでいいといえばいいということになってしまいます。 「別にやりたいようにしてください」これが僕の意見です。 問題なのは「競争」

» 生きるって悲しいの続きを読む


正しい「思春期」

一般的に、身体の変化に動揺し、自我が芽生え、それまで自分と世界の区別がつかなかったものが、分け隔てに気づき大人になる成長過程、というふうに言われます。 身体の変化に動揺し、と上品に言っていますが、男の場合は、○玉による支配が顕著になるだけです。 思春期というものは、反抗期だと言われています。 ただ、「反抗期」という言葉には、どこか「俺たちは正しいが、子供たちが無駄に逆らってくる」というような傲慢さがあります。 本当に子供の意見は正しくないのでしょうか。 僕が中学生の時です。一年生の時だったと思います。実際にあった話

» 正しい「思春期」の続きを読む


青春なんて

動物においての発情を人間界では”愛”と呼び、その期間のことを”青春”と、呼んでいるからです。 芥川龍之介もそんなふうなことを言っていました。 恋愛はただ性欲の詩的表現を受けたものである。少なくとも詩的表現を受けない性欲は恋愛と呼ぶに値しない。 – 芥川龍之介 ただ、「愛」という言葉はかなり広義に使われていて、本当は細かく分類することができます。 対象が異性なのか、友達なのか、はたまた物なのか、自分の仕事なのかなど、対象によってももちろんニュアンスは異なりま

» 青春なんての続きを読む


薄口と濃口

醤油に薄口と濃口があるように人間にも薄口と濃口があります。人間の場合、薄口は”淡白”、濃口は”絶倫”と、呼ばれています。 ― モテないが正しいですが、絶倫はいつか女子に嗅ぎ分けられてモテてしまう運命にあります。 主従関係を逆転しない限り、男性はすべからく生産工場に支配されています。 「英雄色を好む」という言葉がありますが、絶倫とパワーはほぼイコールでつながっています。 自分の力ではどうすることもできないと思いがちですが、パワーが欲しければ生産工場に材料を送り込めばいい

» 薄口と濃口の続きを読む


モテより大切なこと

本当はモテたいわけじゃなくて、モテてるところを他人に見せて羨ましがらせたいだけのこと。そんなつまらない優越感だけのために我々は悩んできたわけです。 もっと好きに生きたらいいんじゃないですか。 「アンチエイジングが趣味」とか本当かな、と思います。 世界に誰ひとりとして「見せびらかせる人」がいなくなった状態でも、なぜかやり続けてしまうものが好きなことです。 カッコイイ、カッコ悪い、そんなことを気にせずに生きればかなり身が軽くなります。 苦しんでいる人は、+αのポイントばっかり磨くことにムキになっていて、本質的な部分を直

» モテより大切なことの続きを読む


メソメソ男子

メソメソしていてかまってくれるのは、やさしい親御さんか気のいい先生くらいなもので、オスの涙に同情するメスは少ないのではないかと思います。 「男は泣くかわりに酒を飲む」と、たまに聞きますが、確かにそんなフシの人はいます。 ということは、強がっている大将も社長さんも毎日泣いていることになります。実際そうなのでしょう。 「今度飲みに行こう」という誘いは、 「今度一緒に泣きに行こう」ということになります。 本当はメソメソしていてもかまいません。 メソメソするのはプライドが許さないから、酒でも飲むのでしょう。 どうせメソメソ

» メソメソ男子の続きを読む


モテるオスは不幸である

「英雄色を好む」という言葉にとらわれていた友人がいました。 その言葉に振り回され、同僚や後輩たちの手前「本当は早く帰りたいのにお姉さんに粘ってみる」という行為を繰り返していました。 実際にパワーのある人は盛んであることは確かです。 英雄ヅラをしたくて、盛んなふりをしていたというのです。 しかしそんなことはくだらないことだということに気づいて、今では真っ先に帰るそうです。 モテるオスは不幸 実際にいい思いをしたり、同性からは羨ましがられるだろう、ということで、モテることはいいことのように思いますが、いいことだらけでは

» モテるオスは不幸であるの続きを読む


無意味こそすべて

およそ実用性からかけ離れているものほど、情報的な付加価値が生まれ、プレゼントなどには適している場合が多いように思います。 たとえば現金と花束を「実用性」で考えれば、わかりやすいように思います。 コレクターと言われる人が集めているのは、「これだけあれば便利だろう」と言う理由ではないはずです。 ともすれば、「意味」や「理由」を求めてしまいがちですが、そんなことに裏付けされても、突き詰めれば雰囲気です。 「どうして弊社への入社を志望したのですか?」 こんな質問の時ですら、実利的な話をすると煙たがられます。 「給与が高いの

» 無意味こそすべての続きを読む


男イチコロメニュー

ふと、ガラス張りのお料理教室を覗き込んだことがあります。 そこにはおよそ「…」な人たちが、なんとかオスを騙そうと、必死で料理の勉強をしていました。 昔から思うのですが、「料理を作ることができない」という人は本当に本気で言っているのか、と疑問です。 毎日何かは食べているのに、それがどういう風に作られているのかということを本当に想像もできないのか、と思ってしまいます。 確かにすごく手間のかかるものなら想像もつきにくいと思いますが、本当の本当に1から10までわからないのか、と思ってしまいます。 実を言うと調理師免許を持っ

» 男イチコロメニューの続きを読む


芸名をつけよう

内容の意味がわかれば、別にどこの誰が書いていてもいいわけです。 最近ではリッチスニペットのauthor設定で検索結果に著者の名前を載せる傾向になってきました。 SNSなどでは実名万歳になってきました。 検索結果で「著者 ○○」「by ○○」みたいな結果が出てきたときはなんだか変な感じがします。 「そんなに有名になりたいか?」 という感想が出てきます。 僕は、bossu(ぼっすー)という名前で通しています。 それだけでわかるのは小中学校の同級生くらいなもので、当時そう呼ばれていました。 名付け親が誰だったかは忘れまし

» 芸名をつけようの続きを読む


腹の底から笑える幸せ

「笑い」というのは、笑おうとして笑えるものではありません。 「表情だけでも笑っていると本当に気分が明るくなる」 というのは、どうやら本当のことのようですが、それは「微笑み」であって、「爆笑」ではないはずです。 いちおう、顔の筋肉の具合が、本当に気分を変えるようですが、「暗い顔をしているくらいなら、嘘でも笑顔を!」という使い方です。 腹の底からの笑いには使えないでしょう。 本気の笑いを自作 基本的にはそんなに腹から笑える出来事などありません。 そこで、エンターテイメントに頼るわけですが、自分の感性と合ったお笑いなど、

» 腹の底から笑える幸せの続きを読む


マイ・フェーバリットな仏を探して

「どうやら仏像が静かなブームらしい」―「こんな時代だからこそ仏像」みたいな癒し効果が期待されているのでしょう。しかし本来、仏像とは「生きることは苦である」と悟ったお釈迦様がモデル。生前は偶像崇拝は禁じられていました。それが死後500年ぐらいたって、「そろそろ肖像権も切れたろう」と、だれかが気づき仏像は作られるようになりました。 実はほとんどの宗教で偶像崇拝は禁じられています。 キリスト教などアブラハム系でも本来は偶像崇拝禁止です。 同じように、「そろそろいいかな」と、誰かが作り出したのでしょう。 偶像を観ると、かな

» マイ・フェーバリットな仏を探しての続きを読む


まほろば気分にひたろう

まほろば なんだか日本のよさ、日本語のよさが出ている言葉ですね。 素晴らしい場所とかいう意味らしいですが、どうしてもこの言葉を見聞きすると、奈良県のことを思い出します。 特に北葛城郡とか、桜井市とか、天川村を思い出します。 京都の猛暑の中の「極楽の余り風」もいいですが、奈良の「まほろばの風」もなかなかいいですね。 みどりの中をささささっと流れる風は、なんとなく「まほろば気分」を感じさせてくれます。 まほろばキッチン 先日、JAならけんのまほろばキッチンに行きました。 隣には山盛りの農作物が売っていて、「いちご」は生

» まほろば気分にひたろうの続きを読む