高慢ちきな様式

大きくふくらんだ感情を作品の中に注いで安心するのではなく、むしろふくらんだ感情を遠慮なく伝えようとする芸術家は大げさであり、その様式は、高慢ちきな様式である。 曙光 332

何度か触れていますが、人生で式典的なものを行うつもりはありません。

「おめでとう」や「悲しい」すら、もはや「そうか??」と思うほどなのですが、まあ別に喜んだり悲しんだりすることは、即時的に起こるものなので、いいかなぁなどと思います。それが良い悪いというのはナンセンスです。勝手に起こるものですから。

それはさておき、感情の昂ぶりと、儀式などとがどう結びつくのかが、今でもよくわかりません。儀式に限らず、周りにアナウンスしたりアピールすることは、全くと言っていいほど意味が無いでしょう。

どうしてそんなものに躍起になるのか、また膨大なお金を払うのかがよくわかりません。仮に「祝う」としても、「祝い方」を勝手に決められるということは良くないことです。

わからないことは、ひとまず自分はやらないということです。

さて、「むしろふくらんだ感情を遠慮なく伝えようとする芸術家は大げさであり、その様式は、高慢ちきな様式である」

とニーチェは言いますが、膨らんだ感情を遠慮無く、僕あてにツイートしてくる人もいるくらいです。(なぜかツイッターにされている

そんなに他人にアピールしたいのでしょうか。

また、よく表彰の類のことが行われたりしますが、勝手に表彰してもらうには結構なものの、「それがどうした」という感想が待っています。

自分ではそのように思っているのに、賞状などを見せられても、また「それがどうした」ということになります。

本当にそれがどうしたというのでしょうか。

その説明を詳しくしてくれる人に会ったことはありません。

そして自分で考えてもやはりわかりませんでした。

そのような賞讃よりも、養子のうさぎとの毎日のほうがたくさんの発見があります。

どうせその場限り、一瞬で起こって一瞬で去っていくものなのに、わざわざ一喜一憂するのが変な感じがします。

その場はそれで喜んでおいて、それで終わりです。

それを何度も何度も自慰的に味わおうとする感覚が、たまらなく醜く見えてきます。

また一方で、その場に起こった感情のエネルギーを誰かにぶつけようとしているという酷さが見えます。

高慢ちきな様式 曙光 332


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ