欲しい「モノ」

昔、夢現の時にふと出てきたのですが、自分から自分へ質問が来ました。

これは後で考えてみると、結構わかりやすい質問でした。

そこで出てきた答えは、また何かを考えるきっかけにもなります。

ひとつだけタダでモノをあげます

「モノ」についてです。

ひとつだけタダで「モノ」をあげます。

でもいくつか条件があります。

それをすべてクリアするなら何でもあげます。

条件1

動産(不動産を除く有形物)かつ生命を持たない物であること。

条件2

純粋に使用、消費にのみの用途であること。

その物から収益を得ることはできない。

条件3

修繕費およびその物に付随する経費は全て自分でまかなうこと。

与えられるのは、その「物」のみ。

条件4

その物を売却またはその他のものと交換することはできない。

廃棄はできるが、廃棄にかかる費用は自分でまかなうこと。

この条件をすべて満たすものとなれば、「必需品に近い物」か、「楽しむための物」ということになります。

生産設備や投資用資産はもちろんのこと、売却目的でもらって現金化することもできない。

高級外車をもらおうものなら、修理代は自分持ちになるので、安易に選ぶこともできない。

それでももらえるとしたら何を貰いますか?

僕は特に浮かばなかった

思い浮かぶものなどたいしたものはありませんでした。

仕事に使うとなれば、「収益」の縛りで除外されるので、いいところ車程度でしょう。でも、それも仕事に使ってはいけないので結構不便です。

そしていろいろ考えたのですが、「寝心地のいいマットレス」程度でした。

やはり娯楽としてはあまり何も欲しくないようです。

たまに思い返して考えてみるのですが、やはりあまり何も欲しくありません。

投資用ではない不動産を含めていいなら、ため池と畑が欲しいくらいでしょうか。

でも、別にそれも少し歩けばため池くらいありますし、畑も借りればいいかなぁ、なんて思っています。

ここ数年、モノを所有するということについて、別に独占する必要もないというスタイルになってきました。

「たまに使いたい時に借りればいいか」

そんな感覚になってきました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ