戦争

現代の大きな戦争は、歴史的な研究の成果である。 曙光 180

こんな思想主義的なテーマのタイトルになるとは、といった感じですが、特別企画なので仕方ありません。

今の現代で戦争といえば、さまざまな歴史的な研究の結果、いろいろな主義ができて、その主義同士のぶつかり合いとして、無駄に戦うということが繰り広げられています。

まあ言ってしまえば、戦争は悪か否か、というようなことすら主義ですので、戦争についての意見自体が戦ってしまうという落語的な結果になっています。

主義との同化

こうした主義との同化というのは、一種の奴隷精神であって、主義に同調し、支配される方が楽だとアイツが判断するということが根本的な原因になっています。

この歴史的な研究の成果というのはすごく面白いつなげ方だと思います。

例えば僕がイエス・キリストをとやかく言ったとしましょう(正確に言えばイエスそのものに対して言っているわけではありませんよ)。

それで怒る人がいれば、その怒りの原因を探ってみてください。

権威の裏付けは何?

「権威ある者としてお教えになったからである」

というような一文がありますね。

では、その権威の裏付けは何でしょうか?

誰かが権威を認めればそれに従う、という構造になっています。

権威を与えている対象自体、この場合は「父」なのでしょうが、その父自体の権威は、誰が証明しているのでしょうか?

それは「権威ある者としてお教えになったからである」という一文を何の抵抗もなしに受け入れる人、つまり読者です。

本当に受け入れているのならば

で、本当に受け入れているのならば、外界の人がどう思おうと事実は変わらないと思えるはずです。

自分の中の情報空間の中でだけ、正しければそれで良いはずです。

でも、何故かそうした外部の人に対して怒るということをする人がいます。

そういう人たちが戦争を起こしている、といった感じです。

外界の状態を自分の心の安穏の条件にすればするほど苦しくなります。

だから非常に遠回りなやり方です。まあアイツの仕業なのですが。

戦争 曙光 180


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ