思索家の廻り道

多くの思索家にあっては、その思索全体の歩みは、厳しく、仮借(かしゃく)なく、大胆であり、それどころか、時々自分に対して残酷である。しかし細部にわたると、彼らは穏やかでありしなやかである。 曙光 530

アイツこと自我は、危険回避を中心に汎用性の高い法則を好みます。

そういうわけで、若いときから様々な物事に対して「どうやったらいいんだろう?」という疑問がわくたび、「バッチリな答えはないかなぁ」なんてなことを思い、思索を繰り返してきたのではないでしょうか。

一人で思索することもあれば、誰かに相談して知恵を借りようということもあると思います。

ただ、僕は19歳の時から「大半の人の意見はあてにならない」ということを確信してしまいました。

その理由は非常に単純で、哲学的な思索の対象を「疑問に思わないことが不思議」と思ったのと、もう一つ何かにつけて「適当すぎる」という印象があったからです。

時間は虚数のような虚像

何かにつけてたいてい「時間だけは絶対にある」というところからスタートしています。

でもこれは数学における虚数のようなもので、あくまで思考の中の印象ながら虚像を例えとして使わないと、特に特定の命題を紐解くことはできず、他人にも伝わらない、といったものなのだ、という感じです。

確実性を持っているのは「今」だけであり、時間や時間の流れは一種の解釈にしかすぎないのですが、ストーリーを組んだり、人に何かを説明する時、「昨日」や「明日」という概念を持ち込んでしか説明し得ないという感じです。

「生きていくため」という伝家の宝刀

ある人たちは、仕事を「面白くないもの」と定義し、「休日の趣味に生きる」というような事をしていました。

で、そこで思ったのが、「面白くもないなら、そんなことを繰り返してどうするんだろう?」というようなことです。

単純に「生きていくため」という弁明が来ますが、「では、面白くもないのに、なぜ『生きていくこと』は必須事項になっているのか?」ということをよく考えたものです。

「生きていくため」と言えば、誰もが頷くだろう、という感じでしょう。

これが「適当すぎる」と思ったポイントです。

何かにつけて、「生きていくため」という伝家の宝刀を振りかざせば、それ以上の議論にはならないという人たちに辟易しました。

もしかすると、若き日のシッダルタもサーリプッタも、これと同じような苦悶を抱えていたのではないでしょうか。

たくさんのタイプの人がいますが、こうして「思考が回りすぎてしまう」タイプの苦悩を持った人も、タイプとして必ずいると思います。

結局、最終的に辿りつく答えはシンプルで、それまでの思索や迷いがバカらしくなるようなものですが、もしかすると、そうした廻り道が必要な人もいるのかもしれません。

必要というわけではないですが、ストーリーとしてはそう展開せざるを得ないのかもしれない、といった感じです。

思索家の廻り道  曙光 530


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ