幸福の目印

あらゆる幸福感の共通点は二様である。感情の充実とその点の自負とであり、それ故にわれわれは魚のように自分の本領を身の回りに感じ、その中で踊る。 曙光 439 前半

何度か触れていますが、「幸福」という言葉が苦手です。その言葉には良いことがあったというような、「今までにはなかった」という認定があるからです。それに加えて、宗教屋や自己啓発洗脳が多用しているということも加味されているのかもしれません。

幸・不幸自体が虚像です。何かの感情、感情の充足とその確認・自負を求めて、何かの行動などを条件化して幸福を追い求めている限り、おそらくそれには気づくことができません。

あらゆる幸福感、というよりも、一般的な幸福感といったほうが適切でしょう。なぜならば、「あらゆる」ということはすべてを包括するということですが、感情を介さない場合があるからです。また、充実という表現よりも、渇望感や恐怖感が消えている状態、つまりアイツの騒ぎが落ち着いている状態といったほうが正しいでしょう。

楽しそうな人は、おそらく本当に楽しんでいます。しかし確かに幸福感という意味で感情の充実とその自負があっても、それはその場の幸福感であり、一般的な語句の用途としては的を射ていますが、幸福感と幸福は少しのニュアンスの違いながら、驚愕するほどの差があります。

それよりもまずニーチェに突っ込みたくなる点があります。

まず、幸福感自体が「感情」なのですが、いかがでしょう?

幸福の目印 曙光 439


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ