プライミング効果

すぐにお役立ちの心理学が満載

プライミング効果は、先行刺激の処理によって、後続刺激の処理が促進または抑制される効果。あらかじめある事柄を知っておくと別の事柄を把握しやすい、記憶しやすい、思い出しやすい、またはしにくいというような当たり前のこと。先行刺激はプライム(プライマー)、後続刺激はターゲットとよばれるようです。ピザピザピザ、肘の時に少し回答が遅れたりするようなことも近いかもしれませんね。

関連なさそうなことでも、先行刺激によって影響されているというようなことですが、本はいろんなジャンルを読んだら、さらに得意なジャンルがもっと得意になりますよ。

心理学 一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ