カテゴリー別アーカイブ: 心理学

心理学 心理学一覧

寛大効果

寛大効果(寛容効果)は、他者を認知・評価する際に生じやすい歪み。他者の望ましい側面はより強調され、望ましくない側面は寛大に評価されやすい。結果として、他者に対する評価は、実際よりも好意的なものになる傾向がある。 「この人はすごい人だ」と肩書などで判断すると、その先入観からその人の望ましくない点はあまり見えなくなり、また、見えてもそれをそれほど悪く評価することはない、ということです。体育会系にありがちです。 これは寛大な自分は「いい人だ」と思いたいから起こる歪みであり、アイツによるフィルターです。また、いい人だと思わ

» 寛大効果の続きを読む


カリギュラ効果

カリギュラ効果は、禁止されると余計にその行為をやってみたくなるという心理効果です。禁止されると魅力が増すということで、それを逆手にとって広告屋が多用しすぎたせいで、最近では効果が薄れているのではないでしょうか。 カリギュラ効果は、禁止されているからこそ魅力的に映るというものもありますが、禁止されることで不安になるという面も含んでいます。そうした不安は生存本能を刺激するものです。 広告の効果を上げるために、わざと禁止にしたり、禁止を装ったりするというのが代表例です。そのような釣りをする人たちを笑ってあげましょう。 基

» カリギュラ効果の続きを読む


仮現運動

仮現運動とは、日常場面においては映画などに見られる、空間的に離れた2つ対象を一定の時間間隔をおいて交互に呈示するときに知覚される対象の連続的な運動。実際には静止状態にありながら、そこに運動が認められる場合をさす。 この仮現運動は、見かけの運動、キネマ性運動ともいう。一定位置にある刺激対象が、瞬間的に出現したり消失したりすることによって、あたかも実際に運動しているように見える現象。α (アルファ) 、β (ベータ) 、γ (ガンマ) 、ε(イプシロン)といった種類がある。 α (アルファ)運動 β (ベータ)運動 γ

» 仮現運動の続きを読む


カクテルパーティー効果

カクテルパーティー効果は、選択的注意のうちの音声の選択的聴取のこと。人間は音を処理して必要な情報だけを再構築していると考えられる。1953年に心理学者のチェリー (Cherry) によって提唱。 このカクテルパーティー効果は、たくさんの人が会場で会話を繰り広げるような「カクテルパーティー」の会場の騒音の中で、自分の名前が出てきたり、自分に関係の強い話題が出てきた時にその話の内容が聞き取れたり、単に自分が今会話している相手の声だけを選択して聞き取れるといった選択的聴取のことです。 自分の名前をはじめ、自分に関係が強い

» カクテルパーティー効果の続きを読む


おとり効果

おとり効果とは、実際には選ばれることのない選択肢を混入させることによって、意思決定結果を変える心理効果。松竹梅ですね。実際は購入者などほとんど期待していない高額なセットなどを設定して、相対的に「まあこれくらいだろう」と真ん中のやつを選ばせるようなものです。そしてその真ん中が一番利益率のいい商品だったりします。というかその利益率の高い商品を買わせるために、わざわざ「一応作れるけど、売る気のない高い商品」を設定します。実際にその高額商品が売れた場合は、利益の「率」は低くても単価が高いため、なんなら「売れたら売れたで嬉し

» おとり効果の続きを読む


ウィンザー効果

ウィンザー効果は、第三者を介した情報や噂のほうが、直接本人から伝えられるよりも影響が大きくなるというか信憑性が増すという効果です。 これは「僕、○○大学出てるんですよ」と、本人から聞かされたときは寒気がしますが、「○○大学出てるらしいよ」と誰かにこっそりと教えてもらった時は「すごいんだ」と錯覚してしまうといった例がわかりやすいですね。事実は同じでも印象は変わってしまいます。ただ、これは「自尊心の低さ」が露骨に出ていないという点で、ウィンザー効果だけではありません。また違った効果も含まれています。 「お前のことが好き

» ウィンザー効果の続きを読む


暗黙の強化

暗黙の強化とは、3人くらいでいる時に、誰かが自分以外の人を褒め出した時に、自分の自尊心が傷つけられた、つまり極端に言えば攻撃されたように感じ、自分以外の人を貶し始めたら、自分の評価が上がったように感じてしまう、「アイツ」の錯覚です。 ただのAとBの間にある関係性になぜかCである自分までその解釈に入っています。相対的に判断してしまうという、なんとも滑稽なさまですが、京都人は平気でこの暗黙の強化を多用します。つまりわざと意図的に、相手を間接的に攻撃するようなことをします。 自分以外の人への評価と自分は関係がない 誰かと

» 暗黙の強化の続きを読む


エスカレーター効果

エスカレータ効果は違和感の一つ。止まっているエスカレータを降りるとき、足が重くなったような感覚をいう。違和感は確実にあるはずなのに、研究対象にしてこなかったのはなぜでしょうか。エスカレータ効果のような違和感は、研究しても「売れない」からかもしれませんね。 脳の運動を司る部分がエスカレータが動いているかのように重心を勝手に移動してしまうがために起こる、というふうに解説されているようです。動いている前提で重心の移動をしようとしているということですが、脳はいつでも手抜きです。見ているようで見ていません。過去のデータの再合

» エスカレーター効果の続きを読む


アンダーマイニング効果

アンダーマイニング効果(過正当化効果)は、内発的動機づけによる行為に対して、報酬を与えるなどの外発的動機づけを行った場合、やる気がなくなっていくという「やる気低減現象」。 内発的動機が既にあるのに、ブースター的に外発的動機を加えようとすれば、元の内発的動機すら失っていく、というようなことです。 元々人が行為を行う時にはその裏に動機があります。そしてその動機には、行為をなすこと自体が目的となっている「内発的動機」による行為があります。 単純には、「やりたいからやっている」というのが内発的動機です。 例えば楽器を演奏す

» アンダーマイニング効果の続きを読む


アフォーダンス理論

アフォーダンス理論とは、環境が動物に対して与える「意味」のことであり、動物と物の間に存在する行為についての関係性そのもの。過去の体験をもとに特定の条件に特定の行動が結び付けられるという効果のことであり、人と、物などの外部環境との関係性をその人に伝達する事であり、「ある行為に誘導するためのヒントを提示すればその行為に及ぶだろう」という胡散臭いコンサルが大好きそうなことです。 アメリカの知覚心理学者ジェームズ・J・ギブソンによる造語。ジェームズ・J・ギブソンは知覚の研究を行うにあたって、ゲシュタルト心理学より大きな影響

» アフォーダンス理論の続きを読む