落語的思考

普段からよく散歩をしますが、特に今のシーズンは「春になった」ということでよく外を散歩します。

そんな折、不可思議な看板や案内や観光地にありがちな「由緒書」的なモノに出くわしたりします。そしてそれを見て頭の中で遊んでいます。

ということで落語的思考の遊びです。

落語的なのかどうなのかはわかりませんが、言葉の違和感や論理的な矛盾に爆笑しています。そういうわけで、周りの通行人の人からは怪訝な目で見られたりしています。

例えば空き地に次のような幟(のぼり)が立っていたとしましょう。

好評発売中の幟

これを見て違和感を感じた人はいるでしょうか?

この場所はたくさんの区画がある分譲地でも何でもありません。

「好評ならなぜまだ売れていないのか?」

というところくらいでも良いでしょう。

土地の販売は、その場所しかありません。

好評販売中であるのならば、既に何かしら売れている必要があり、そして、その評価が好評価である必要があります。

しかし売れていません。

売れていないのに、なぜ好評であると言えるのか?

もし既に売約済みならば、幟は立っていないはずです。

幟が立っているということは、まだ表記通り販売中であるということです。

売れてもいないのに、誰がどんな好評価をしているのか?

ということです。

そんな事を考えた後に、「仮にポジティブにウルトラC解釈した場合はどうなるのだろう?」ということを考え始めてしまいます。

「近所の人の話では、この場所は住む人住む人がすぐに大金持ちになり、すぐに豪邸に引っ越してしまう」という「近所の人の好評価」があるという設定です。

僕は散歩をしながらそんなことばかりを考えています。

「由緒書」的なモノを見て爆笑する

またそうしたものだけでなく、「由緒書」的なモノを見ても勝手に頭が落語的思考になってしまいます。

昨日発見したその手の案内には、次のようなことが書いてありました。

法然が亡くなった。

法然の念仏がブームになりかけていたため、対抗勢力が法然の墓を壊し、鴨川に遺体を捨てようとした。

それを必死で阻止し、遺体を隠した。

遺体を数ヶ月保管して西山で火葬した。

「思いっきり執著しとるがな」

という感じです。

Category:miscellaneous notes 雑記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ