空が暗くなる

晴れやかなところにいると気分も晴れやかになるように、どんより曇り空だとなんだか感傷的になったりする時があります。

陽の光はそれほどに気分にまで影響したりしますが、どんより空が暗くても、それはそれで味わい深かったりします。

といっても、空が暗くなり気圧が下がってくると、心境は少し変わってきます。

18歳くらいの時に左肩を痛めてから、低気圧がやってきた日にはズキズキ痛むことがあります。急に空が暗くなり、暗雲が立ち込めてゴロゴロ鳴り出したときにはなおさらです。

ということで、低気圧の時は体からの影響で少し心境が変化してしまいます。

で、肩を痛めたといっても何かスポーツをしていたわけではありません。

正確には運動になりますが、ただ単に今は無き大阪の「天保山ベイサイドジェニー」でダイブ(ステージなどの上から人波に飛び込むやつ)をしたら、人に揉まれながらも最後には腕から落ちたというだけです。今ではモッシュやダイブが禁止されている所も多いようですね。

ダイブして人に揉まれつつ、最後にはスピーカーか何かに腕から落ちて、グネっといってしまったという感じです。で、左肩、左肩甲骨あたりが傷んでしまいました。

そのような具合で、今でも雨の日にはそこが疼いたりします。

ですから毎年梅雨のシーズンは痛みがやってきますが、今年は今のところ大丈夫なようです。低気圧になると少なからず体が反応してしまいますので、雨が振りそうな時は感覚でわかってしまいます。

あまりに遠出する時以外は、天気予報をチェックすることもありません。

雨で思い出しましたが、昨年群馬に向かった時には、行きの途中で土砂降りになり、岐阜の平湯温泉近くの峠の一般道が通行止めになったため、やむなく有料道路を通ることになりました。

基本的に旅の際は高速道路なんかも使わないのですが、遠回りするとすごい距離になるので、この時はさすがに有料道路を使いました。

そこで料金所を通る時に、雨で視界が悪く、写真を撮るのを断念したのですが、両手を振り上げる交通誘導ロボットに出会いました。まさにタモリ倶楽部の中にいるような気分でした。

天気予報をチェックしようが、日程を変えられずやむない場合は、その場を楽しむしかありません。雨が降ったら降ったで、その時にしか味わえない風景を楽しめばいいのです。

空が暗くなる 曙光 323

Category:曙光(ニーチェ) / 第四書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ