沈黙効果(マム効果)

すぐにお役立ちの心理学が満載

沈黙効果(マム効果/mum effect)とは、対人的コミュニケーションにおいて、送り手が相手にとって不利な情報、不快な事を伝達することを避けようとする傾向のこと。

相手にとって不利な情報、都合の悪い情報を伝える時に起こる抵抗感が沈黙効果(マム効果)である。日常でも実感のある抵抗感であり、伝える情報が直接的に自分にとって関係のないことであっても、相手との関係性が変化することを恐れて心理的抵抗が起こる。これが沈黙効果である。

沈黙効果の要因

沈黙効果の要因としては、「調子に乗っていると思われたくない」というような心理や、自分が相手より有利な立場になることに伴う罪悪感、否定的評価を受けることをためらうというような要因が考えられており、相手としても、それを聞いたら傷ついてしまうとか、「そういう情報はいらんわ」と突っぱねてくるのではないかという感じのことが考えられる。

なお、マム効果とはあまり関係がないが、交渉においては沈黙スキルというものがあり、沈黙の緊張に耐えかねて相手が沈黙後の第一声で譲歩してくるという心理もある。

心理学 一覧

Category:心理学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ