水木しげるロードの妖怪 森にすむ妖怪たち

水木しげるロードの妖怪 森にすむ妖怪たち

水木しげるロード第二弾は「森にすむ妖怪たち」です。

他エリアに比べて数は少ないですが、つるべおとし、竹切狸(たけきりだぬき)、砂かけ婆、コロポックル、手の目(てのめ)、さがり、キジムナーといった妖怪がいます。

(砂かけ婆については「水木しげるロードの妖怪 水木マンガの世界」に掲載しています)

つるべおとし

つるべおとし 妖怪ブロンズ像

つるべおとし 妖怪ブロンズ像

昔の夜は暗く、提灯の弱々しい灯りでびくびくしながら歩いた。そんなときに大木の梢などから、だしぬけに下がってくる形で現れるのが「釣瓶(つるべ)落とし」である。出現地は、京都市の隣、京都府亀岡市の曽我部町法貴。伝承としては京都府、滋賀県、和歌山県、愛知県、岐阜県にも伝わる。釣瓶下ろしと呼ばれることもある。

竹切狸(たけきりだぬき)

竹切狸(たけきりだぬき)妖怪ブロンズ像

竹切狸(たけきりだぬき)妖怪ブロンズ像

山の竹やぶの中に住む妖怪竹切狸(たけきりだぬき)。夜中に山の中の竹やぶから、「チョン、チョン」と竹の小枝を払う音して、その後、「キイキイ」と根元の方が引き切られる音がしたと思うと、「ザザッ」と竹の倒れる音がする。こうした現象は竹切狸(たけきりだぬき)の仕業とされている。しかし翌朝確認しても竹は切られていない。出現地は、主に京都府亀岡市保津町(旧京都府南桑田郡保津村)。その他、静岡県、鳥取県、兵庫県。

コロポックル

コロポックル 妖怪ブロンズ像

コロポックル 妖怪ブロンズ像

アイヌ語で蕗の葉の下に住む人という意味を持つコロポックル。現在の北海道に出現する。小人でありイタズラも悪さもしない。コロボックルと呼ばれることもある。

コロポックル 妖怪ブロンズ像(夜)

コロポックル 妖怪ブロンズ像(夜)

手の目(てのめ)

手の目(てのめ)妖怪ブロンズ像

手の目(てのめ)妖怪ブロンズ像

手のひらに目がある妖怪手の目(てのめ)。鳥山石燕氏による「画図百鬼夜行」にも登場し、そのモデルとなったのは怪談集「諸国百物語」であるという説がある。強盗殺人にあった盲人が成仏できず、犯人への復讐の執念から手に目をつけた妖怪として現れたとされる。

さがり

さがり 妖怪ブロンズ像

さがり 妖怪ブロンズ像

古い一本の榎についた妖怪「さがり」。馬の首だけという風貌をしている。ある夜風もないのに榎の枝がザワザワと音を立てており、不思議に思った男が足を止め見上げた。すると、枝には馬の首だけがぶらさがっており、口を開けて、「ヒン、ヒーン」といな鳴いたと言われている。

キジムナー

キジムナー 妖怪ブロンズ像

キジムナー 妖怪ブロンズ像

有名な沖縄妖怪でガジュマルの精霊と言われているキジムナー。あらゆるものを燃やすとされ、原因不明の火はキジムナーの仕業とされている。好物は、魚、カニ、カタツムリで、魚は片目だけを食べる。別名、キジムン、セーマ、セーマグ、ブナガイ、ブナガヤー、ブナンガヤー、ミチバタ、ハンダンミー、アカガンダー、精魔。出現地は、沖縄県国頭郡大宜味村など沖縄県。

水木しげるロードの妖怪

Category:adventure 冒険の旅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ