嵯峨菊

嵯峨菊

嵯峨菊(学名:Chrysanthemum grandiflorum cv.Saga)は、古典観賞菊のひとつ、かつ、日本三大名菊のひとつで、もちろんキク科キク属多年草の菊の一種です。

嵯峨菊 白

嵯峨菊 白

嵯峨菊(さがぎく)の名の通り、かつての嵯峨御所である大覚寺で品種改良された菊です。元祖京都ブランドという感じでしょうか。糸状の細長い管弁に細い茎が特徴です。

嵯峨菊 黄色

嵯峨菊 黄色

正式な嵯峨菊の仕立て方としては、「高さ2メートルになるように3本を一鉢の中に寄せ植えして、花を先端から下部にかけて3・5・7輪と咲かせ、葉は春夏秋冬を表すように仕立る」ということになるようです。

嵯峨菊 ピンク

嵯峨菊 ピンク

嵯峨菊 赤

嵯峨菊 赤

嵯峨菊は大覚寺の大沢池の菊ヶ島に自生していた野菊が元祖ということのようです。ということで、ついでなので大沢池です。

広沢池と大覚寺・大沢池

広沢池と大覚寺・大沢池

左奥の大きい方は広沢池で、右側の赤っぽい塔がある場所の奥にちらっとあるのが大沢池です。ちなみに人工の庭池としては日本最古となるようです。

嵯峨菊

嵯峨菊

菊(キク)

Category:植物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ