偏見を解く過程としての混乱

「混乱」というと「なるべく避けたいもの」として取り扱われますが、見方によっては偏見を解くための過程としてのプロセスであるという場合もあります。

何かに抵抗する時、そこに執著があります。手放したくない思い、考え方、自己都合等々が含まれています。それはそれで一つの側面として、ひとつの選択の可能性としてそのままでも良いのですが、「絶対視するほどのものかどうか?」というところについては怪しくなってきます。

そこに気づいた時、混乱が起こります。その混乱は、保持していた考え、理解が、より一段階高いレベルになろうとしている時でもあります。

今まで保持していた考えが、偏りという意味での一種の偏見であり、相反する考えを一応「理解」してみたり、それらとの共通項を見つけ出して再考すべきものである、と気づく瞬間です。

ということで、哲学的思索のような感じにもなりますが、こうした混乱による再構築は、哲学領域に留まらず全ての考えに通じ、全ての知がより高みに向かうためのプロセスという感じになります。

観念や概念のぐらつきから混乱が起こる

混乱が起こる時、それは保持している観念や理解している概念がぐらついた時です。

ではどうしてぐらつくのかということになりますが、だいたい「その他の可能性もある程度の正しさを帯びている」と認識したときです。

もちろん、雰囲気だけで喋る人に代表される「言語の操作が変な人の独自ルール文法」による読解不可能性による混乱というものもあります。しかしながら、論理一貫性がある内容のものに触れて混乱が生じる時は、いわゆる「一理ある」というような感じで、保有している固定観念がぐらつきます。

この混乱は、より高い理解をもたらすものとなりうるため、歓迎すべきものとなっています。

不快感から混乱を避けようとする意識

そのような感じで本来、この手の混乱は歓迎すべきものであるはずなのですが、混乱は一種の不快感が生じます。ということで、不快感を避けるためにと拒絶してしまったり、断絶してしまったりすることがあります。

汎用性のある方程式によって「考えたり、考えを改めたり」といったことをしなくても今までやってこれたのだから、変える必要はないという手抜きが前提にあり、新たに組み直すという場合には混乱による不快感と新方程式の構築に関するエネルギー消費が必要になるため、これを避けようとします。

混乱したり自分で考えたりすることに不快感を感じるからこそ、脳筋たちは、いわゆる目上に対して「ハイ!」とだけ言っていれば良いということになっているという感じです。

しかしながら、それは洗脳された人と同じです。

不可知領域や二律背反するような命題に対する一解釈としての偏見

信念の書き換えと未来についての不完全な論理構造」等々で触れていますが、普遍的な「理」と解釈可能性のある「信仰」や「主義」というものは、異なったものであり、絶対性を持たない考えや主義等々は、不可知領域や二律背反するような命題に対する一解釈にしかすぎず、書き換えが可能という感じになっています。

つまり、たいていの見解は偏見であり、どこかしらに偏りがあり、同レベルの偏見へとシフトすることもあり得るという感じです。

ただ、主観領域と社会での決定のような一種の客観領域では、取り扱いが異なります。社会的領域においては、直接間接の利害があるため、お互いに偏見で議論するようなことになります。

というような感じになっていても、決定に関しては揉め事が起こったとしても、それそのものの理屈としては、たいてい答えが決まっています。それは示し得ないとか、選択・決定が可能な答えとしては複数存在するといったようなことが「答え」だったりします。

という中、偏見というものは、そうした複数の解釈可能性のあるような領域のことを、部分的に断定して取り扱ってしまうというようなことになります。

他の見解を理解した上で特定の観念を保持しているか、それとも議題にすら挙げずに固執しているかでは構造が異なります。

そしてこの偏見としての観念は、同レベルの観念を理解した時にぐらつき、混乱というプロセスを経て、より高みに向かっていきます。

個人経験的な成功法則や都合による固執

複数の解釈が可能なことについて、何かしら偏った見解に固執するという場合、どこかしらに個人経験的な成功法則や都合が含まれています。

「そうなると立場上都合が悪いなぁ」というものから「自分の正当性を証明しなければ、現在過去未来の自分が否定されてしまう」というものまで、たくさんの都合が含まれているというような感じです。

他人との交渉においてはそんな感じで偏見を採用したままの方が良い場合も多々あります。結局選んで責任を取るのは自分ですから致し方ありませんし、高い社会性を利用というか悪用するような形で、自分の主張を通そうとする交渉相手もいるので油断することはできません。

ただ、そうした場合でもより抽象度の高いところから全体構造を見ておくと自他ともの論理の穴が見抜けますし、交渉においても楽になります。なので、自分の内側としてはなるべく偏見のみを保持したままよりも様々な見方ができるに越したことはありません。

偏りがあることの理解や執著に気づく

さて、同レベル以上の見解を理解することができると、保持している観念や概念に偏りがあることを理解することができますし、その奥にある自己都合による執著についても気づくことができます。

それは、交渉で有利になるとか不利になるといった他者との関係性の中でどうのこうのという領域ではなく、個人の内側の意識の領域において重要です。

自然界の生き物のように無駄な思考をしないで済むのであればそれに越したことはありませんが、ある程度言語的思考ができてしまい、何かしらの偏った見解を保持してしまうことが必然となっている「人」であるのならば、そうした領域の限界まで到達してしまうくらいしか、「執著が自然に消えて苦が消滅する」という面では楽な道となります。

これは、コップの中に半分水があると、コップの「揺れ」によって中の水が揺れますが、中身が空なら揺れようがなく、また、蓋をされ、中の全てが水で満たされていても特に揺れることがないというようなイメージです。

そうした高みにたどり着くためのプロセスの一つが「混乱」です。避けられがちですが、歓迎すべきものである「再構築」のプロセスです。

「クレタ人はみな嘘つきだ」的混乱

「そのクレタ人はどのクレタ人か」によって様々な解釈も可能な「『クレタ人はみな嘘つきだ』とクレタ人が言った」というようなものがありますが、論理的な言葉遊びによって、混乱を生じさせるというものも結構面白いものです。

混乱の果てにある答えは、言語化してもいいですが直感的に理解した方が良いようなものもたくさんあります。

ここでひとつ、ちょっとした混乱実験をしましょう。最終的にどういうふうに考えるべきなのかというところは特に示さずに置いておきます。

ある心理効果があります。

さんざん権威性を用いて「正しい」ということを示してきましたが、後年この効果を示す実験自体が嘘だったと発表されました。

しかし、「元々嘘だった」ということが嘘かもしれないという可能性もあります。

「本当のことであるが、効果が強すぎるため一般人に多用されては困る、自分たちだけが独占したほうがいい」と思った権威たちが、「あれは嘘だった」と広めることで一般の応用を抑制している、と解釈することもできます。

一旦、嘘をついたものが、再度「あれは嘘でした」と言ってきた場合、さて何をどのように解釈すればいいのでしょうか?

Category:philosophy 哲学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ