一筋縄ではいかない檜舞台

何だかんだで新規創業の相談などを受けることがあります。

起業などにおいても、やってみないとわからないこともあれば、やる前から準備がいくらでもできる事柄もあります。

やはりどんなことでも、やり進めてみて実際のフィードバックを得てからでないと本質がつかめない部分は出てきます。

そういうものもあるので、準備ばかりではどうしようもない側面もありますが、「やってみないとわからない!」などと言って盛り上がる人たちの中には、単に知らないことを知っていくこと、つまり、調べて理解して実行していくことが面倒なだけで怠けているだけだったりする人もいます。

そしてそうした創業の時期は、意外と面倒で時間がかかる事柄が出てきたりします。

しばらくは助成金で何とかなるとか、創業融資があるからなどと余裕をかましていると、お金がやってくる時期があまりに遅かったりして番狂わせになることもあります。そして、想定以上の申請の煩雑さと時間のかかり方に辟易してしまったりもします。

特に助成金や補助金などというものは相手がお役人です。書類にはうるさいですし、物事の進め方のスピードは民間の1/5くらいと思っておいたほうが無難です。つまり、「そんなことくらい2日もあればできるだろう」ということに10日はかけるということです(まあ色々なところに郵送で送ってハンコをついてもらったりしているのでしょう)。

また書類関連についても内容は難しくはないですが、無駄に項目が多く想像以上に時間を取られることがあります。

そしてあまりに準備を怠ったりしているといざという時に「実印を作らなければならない」とかそうした感じのことが起こり、どんどん時期が遅れていきます。

またお役人でなくとも、元々お役人だったような「税金でインフラを整えた事を棚上げしている自称リーディングカンパニー」の通信会社などは、同じような仕事の遅さを誇っています。

そういうわけで、例えばすぐにインターネット環境を整えようと思っても「1ヶ月後になります」などと言われたりするので、そうした「対応が遅い系の人たち」には、その人達の遅さに合わせるように早めに申請や申込みをしておくことに越したことはありません。

そんな感じでどんどん番狂わせになっていくことがありますので、そんな人達の対応の遅さなども含めて所要期間を想定し、準備しておくことに越したことはありません。

外向きの準備もそのような感じですが、内側の作業として意外と面倒なのが社内の各種書類づくりです。

業種にもよりますが、例えば契約申込書のフォーマット作成や規約作りなどがそれに当たるでしょう。

それが面倒だと思って口約束でばかり仕事をしている人もいますが、そのやり方を続けていると、いずれどこかのタイミングでトラブルになったりします。

約束を大幅に超えるような内容のことを要求されたり、時に「代金を払ってもらえず裁判を起こすのも難しい」という最悪の事態にもなりかねません。

トラブルを未然に防ぐというためにも、そうした面もできる限り想定して事前に準備しておくに越したことはありません。実際に仕事をしだしてからバージョンアップをするという感じでベータ版の感覚でいいのでそうしたものはできるだけ用意しておいたほうが無難です。

そうした事柄は、最初から全ては見えないかもしれませんし、特に面白みのあるような内容のことではないかもしれませんが、自分の事業への愛があるなら自然と目が行くような事柄だと思っています。

それをパスして「起業したい!」などと言っている人は、結局何者かになりたいだけだったり、人に雇われるという構造と自尊心を絡め、それを避けたいだけなのではないかとすら思ってしまいます。

三字熟語(一覧)

Category:三字熟語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ