ローズマリー

ローズマリー

ローズマリー(rosemary)は、シソ科マンネンロウ属の耐寒性多年草(常緑性低木)です。這性(匍匐性)と直立性(立性)に分かれており、這性(匍匐性)のものは40cm程度、直立性(立性)のものは1m以上になります。葉の表は濃い緑色で、裏は薄い緑色の松葉状の艶があります。

ローズマリー 這性(匍匐性)と直立性(立性)

ローズマリー 這性(匍匐性)と直立性(立性)

左が直立性(立性)で右が這性(匍匐性)です。

ローズマリー

ローズマリー

料理に幅広く使われるハーブとして有名な他、エッセンシャルオイルは、香水やシャンプー、ヘアトニックに利用されます。駆風作用や酸化防止作用があり、なお、和名は迷迭香(マンネンロウ)です。

ローズマリーの花

ローズマリー 花

ローズマリー 花

開花時期は一般的に2月~5月。薄紫色の小さな花をたくさんつけます。この時1月でしたが咲き始めていました。

生育環境と挿し木

ローズマリー 匍匐性

ローズマリー 匍匐性

生育環境としては、日当たりのよい、水はけのよい砂質の土を好みます。挿し木で増やすことができますが、木質化した古い枝よりも若枝や、やわらかい枝の先端を利用するほうが根付きやすいようです。用いる枝の長さは10センチ程度で、挿し木のタイミングは3~9月ごろでうまく行けば2週間ほどで根付くようです。

ローズマリー 立性

ローズマリー 立性

ローズマリーは耐寒性ですが、枝が折れやすいため、積雪には注意したほうがよく、雪が降っている間は、枝を軽めに束ねることで対処できるようです。挿し木で増やす場合などにおいても、まだ生育途中の場合は室内で冬越し春に外に出す方が良いでしょう。なお、植え替え時期に先端を摘みとると、新芽が伸びて茂みに育つようです。

ローズマリーの品種

立性には寒さに強く薄青色の花をつけ葉は薄緑色のミス・ジェスプス・アップライト(Miss Jessup’S Upright)、地中海沿岸原産で寒さにやや弱いホワイトローズマリー(White Rosemary)、アップライトブルー(Upright Blue)、ピンクローズマリー(Pink Rosemary)、イタリアのトスカナ地方原産のトスカナブルー(Tuscan Blue)などの品種があります。また、匍匐性でさらに寒さに弱いプロストレイト・ローズマリー(Prostrate Rosemary)といった品種があります。

学名:Rosmarinus officinalis

Category:植物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ