セージ Sage

セージ

セージ(Sage、Common Sage)は、シソ科サルビア属(アキギリ属)の耐寒性多年草です。サルビア(Salvia splendens)の仲間であり、薬用サルビアと呼ばれたりします。「薬用」ということで、収斂作用や駆風作用、抗菌作用があります。調理においては、香辛料や臭み消しとして利用されます。

セージの花

セージの花

セージの花

セージの開花時期は一般的に5月~7月で、紫~白、品種によっては青や赤の唇状花を咲かせます。品種によって開花時期は異なります。

葉と品種

セージの葉

セージの葉

葉は基本的に長い楕円形から細長い葉ですが、色や大きさ、斑が品種によって異なり、細長いアメジストセージ(サルビア・レウカンサ(Salvia leucantha))、濃い赤紫色を帯びた葉を持つレッドセージ(Red Sage)や黄と緑の斑入りの葉のゴールデン・セージ(Golden Sage)、赤・緑・クリームのトリコロール・セージ(Tricolour Sage)といったように多様性があります。

また、パイナップルの香りの葉を持つパイナップルセージ(Pineapple Sage)の他、花からさくらんぼの匂いのするチェリーセージ(Cherry Sage)などの品種もあります。

その他、ブロード・リーブド・セージ(Broad Leaved Sage)、クラリーセージ(Clary Sage)などの品種があります。

生育環境

セージ Sage

セージ

セージは、日の当たる水はけのよい軽い土質を好み、挿し木や取り木で増やすことができます。しかしながら株は、2~3年で衰弱するので、茎や根を切り戻して若返らせるなどの配慮が必要になります。

学名:Salvia offidnalis

Category:植物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ