ジャーマンカモミール(カモマイル)

ジャーマンカモミール(カモマイル)

ジャーマンカモミール(カモマイル)は、キク科シカギク属(カミツレ属、マトリカリア属)の耐寒性一年草です。薬用植物として用いられる他、カモミールティーなどの利用も盛んです。和名として加密列(カミツレ)、加密爾列(カミルレ)と呼ばれる他、フランス語読みでカモミーユと呼ばれることもあります。ここではジャーマンカモミール(German chamomile)について触れていきますが、カモミール(カモマイル)の名は、キク科カマエメルム属のローマンカモミール(ローマンカモマイル)など他の植物の名称として用いられたりします。

ジャーマンカモミール(カモマイル)2

ジャーマンカモミール(カモマイル)2

ジャーマンカモミールの花

ジャーマンカモミール(カモマイル)

ジャーマンカモミール(カモマイル)

ジャーマンカモミール(カモマイル)の花は、キク科らしい真ん中が黄色い白の花です。開花が進むにつれ、白い舌状花が垂れ下がり黄色い部分が盛り上がりずるむけ感が増していきます。りんご系の甘い香りを放ちます。

学名:Matricaria recutita

学名に含まれる「マトリカリア」とナツシロギク(フィーバーフュー)

ジャーマンカモミールの学名はMatricaria recutitaですが、似たような花を持つマトリカリアという近縁種の植物がいます。

このマトリカリアは、カモミールと同じキク科ですが、キク亜科で属は ヨモギギク属(タナセツム属)に分類されており、学名は「Tanacetum parthenium」です。ナツシロギクやフィーバーフューと呼ばれたりします。

かつては、ジャーマンカモミールと同じマトリカリア属(シカギク属、カミツレ属)に分類されていたため、園芸においてはマトリカリアと表記されることが多いという感じのようです。

キク科

Category:植物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ