カリギュラ効果

すぐにお役立ちの心理学が満載

カリギュラ効果は、禁止されると余計にその行為をやってみたくなるという心理効果。禁止されると魅力が増すということで、それを逆手にとって広告屋が多用しすぎたせいで、最近では効果が薄れているのではないだろうか。

カリギュラ効果は、禁止されているからこそ魅力的に映るという店もあるが、禁止されることで不安になるという面も含んでいる。そうした不安は生存本能を刺激するものとなるため関心が向きやすいからである。

広告の効果を上げるために、わざと禁止にしたり、禁止を装ったりするというのが代表例となっているが、そのような釣りをする人たちを笑ってあげよう。

基本的にカリギュラ効果は、禁止されているからこそ効果がすごすぎるのかもしれないとか、一部の特権階級しか味わえないほどの良いものなのかもしれない、というような釣りである。希少性の原理と合わせて利用される心理効果でもある。

禁止されているもの、閉ざされているものを利用したい、見てみたい、というのは、欲への刺激という点もあるが、根本は「確認しておきたい」という不安感、恐怖心でもある。

18禁と書かれると18歳未満の方のムラムラを加速させるといったことになるが、このカリギュラ効果を知っているはずなのに、学校などではどうもそれと真逆のことをやってしまう傾向にある(それはどうしてであろうか。それはギムキョだからである。自分たちは決まりを守ってきたのだから、あなたたちも守りなさい、という思想がある。それは一種の怒りであり、支配欲でもある。そこで正しい思春期での黒い靴下が問題になりそうだが、わざと白い靴下しか履いてはいけない、というものに逆らったわけではないのであしからず)。

なお、カリギュラ効果の由来は、アメリカとイタリアの合作でローマ帝国の皇帝カリグラをモデルにした1980年の映画「カリギュラ」が公開中止になった時に逆に盛り上がってしまったことから。

「絶対に見ないでください!」や「〇〇とは?」

カリギュラ効果は、古くは袋とじや会員制、最近では胡散臭いアフィリエイター御用達の「絶対に見ないでください!」や「本気の方以外は見ないでください!」というような煽り文句、B層向け広告御用達の「本気の若返りに即効性のある話題の〇〇とは?」というような、意識が空白を埋めようとするようなもの、テレビのモザイクやピー音まで、ひとまず何かを隠すということをもって多用されている。

ネットの低レベルな記事にありがちな、「続きを読むには無料のメールマガジン登録が必要です」というようなものもこのカリギュラ効果を狙ったものである。

「絶対に見ないでください!」と言いながら、その裏ではカリギュラ効果を狙って、見てもらうことを欲しているという感じになる。

ということで「絶対に見ないでください!」という謳い文句や「〇〇とは?」という釣りを駆使している時点で、低レベルな人が配信しているとわかるため、本当に見なくても問題はない。

意識は空白を埋めようとする性質があり、禁止されているもの、寸止めされているその先にあるものを「把握して安心したい」という方向性を持っている。

しかし、カリギュラ効果を狙ったような「まだ絶対に見ないでください!」というような煽り文句が出てきた時には、「バカが低レベルな心理テクニックで釣ろうとしている」と思っておこう。

その手の人の心理誘導に反応している場合ではない。

カリギュラ効果を狙ったような謳い文句に釣られているようでは、胡散臭いアフィリエイターや広告代理店の罠に「引っかかた馬鹿な人」になってしまう。

そうした人たちは、カリギュラ効果で釣れるような人を、お金やPV数といった「数字」としか見ていない。

カリギュラ効果は禁止の先に予測する
「未経験の刺激」に対する衝動

カリギュラ効果は、禁止されているその先には未経験の刺激があるのではないか、というアイツの予測による衝動になるが、普通は「やってみたい」「見てみたい」「利用してみたい」というような欲の方が強くなってしまうと考えられる。

僕は昔から欲ではなく怒りしかやってこなかった。禁止してコントロールしようとする様や、こういう構図を使えば、人の欲を駆り立てられる、つまり「釣れる」と思っている浅い考えに、である。

「続きを読むには無料の会員登録が必要です」「袋とじ」などもこのカリギュラ効果を狙ったものですが、僕は昔からそういうものに惹かれない。「そういう手法を使えば、コイツはもっと購買意欲を駆り立てられてくれるだろう」、という発想にキレていた、という方が正しいだろう。

今ではそういう消費者騙しのような無駄な努力は虚しいということを態度で示すようにしている(邪念のない盛り上げ程度ならいいですけどね)。

「みんなが憧れる理想の生活に興味のない方は見ないでください」

「本気でビジネスで成功を勝ち取りたい方限定です」

さあ爆笑してやろう。

困難・障壁・禁止による錯覚

こうした困難・障壁・禁止によって、価値が価値以上に高められてしまう錯覚には、カリギュラ効果の他、恋愛・交際における「ロミオとジュリエット効果」という概念もある。

ロミオとジュリエット効果

心理学 一覧

Category:心理学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ