オキシデンドルム アルボレウム(スズランノキ)

オキシデンドルム アルボレウム(スズランノキ)

オキシデンドルム アルボレウム(学名:Oxydendrum arboreum)は、北アメリカ東南部原産のツツジ科オキシデンドルム属の落葉性高木です。日本においては別名として「スズランノキ」と呼ばれていたりもします(実際のスズランノキは別種です)。

オキシデンドルム アルボレウム(スズランノキ)

オキシデンドルム アルボレウム(スズランノキ)

このオキシデンドルム アルボレウムは、ヌマミズキ科のニッサ・シルバチカ、ニシキギ科のニシキギと並び、世界三大紅葉樹のひとつです。

オキシデンドルム アルボレウム(スズランノキ)幹

オキシデンドルム アルボレウム(スズランノキ)幹

夏から秋にかけてはアセビに似た花をつけます。

オキシデンドルム アルボレウム(スズランノキ)葉

オキシデンドルム アルボレウム(スズランノキ)葉

そして秋には紅葉します。

オキシデンドルム アルボレウム(スズランノキ)葉2

オキシデンドルム アルボレウム(スズランノキ)葉2

本来のスズランノキ(学名:Zenobia pulverulenta)は、同じツツジ科の別属「ゼノビア属」を指すようです。こちらも北アメリカ東部原産ですが、このスズランノキは落葉低木で花は春咲です。

オキシデンドルム アルボレウムは落葉高木で開花期は夏から秋にかけてといった違いがあります。

オキシデンドルム アルボレウム(スズランノキ)

オキシデンドルム アルボレウム(スズランノキ)

Category:植物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ