エンメルトの法則

すぐにお役立ちの心理学が満載

エンメルトの法則(Emmert’s law)とは、「残像の大きさは、眼から投射面までの距離に正比例する」という法則である。

このエンメルトの法則は、残像の見えの大きさに関する法則であり、残像の見えの大きさは残像が投影される面までの距離に比例するが、投影面までの物理的距離だけでなく見えの距離も影響を及ぼすとされる。

エンメルトの法則は「幾何光学的解釈」と「心理学的な解釈」を可能にしており、そのうち幾何光学的解釈としては、残像の「客観的な大きさ」が距離に比例するという解釈になり、これには妥当性が確認されている。もう一つの心理学的解釈として、「残像の見えの大きさが距離に比例する」という解釈が可能であるが、その妥当性は確認されていない。

心理学 一覧

Category:心理学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ