蕺(どくだみ)

蕺(どくだみ)はドクダミ科の多年草で、毒溜、魚腥草(ぎょせいそう)、地獄蕎麦(じごくそば)、之布岐(しぶき)などと様々な呼び方をされています。開花期は5~7月頃で、半日陰地を好み全草に強い臭気があります。生薬名十薬(じゅうやく、重薬)は開花期の地上部を乾燥させたもので、煎液には利尿作用、動脈硬化の予防作用などがあるようです。

お茶にもよく入っていますが、おばあちゃんとよく一緒に摘みに行ったのを覚えています。

ドクダミの自生環境は道ばたや、湿った林内などで、茎頂に、白いか弁のように見える4枚の白色の総苞のある棒状の花序に淡黄色の穂状の小花を密生させる。ドクダミの花は裸花と呼ばれ、花弁も萼(がく)もなく、中心の花柱が3つある黄緑色部分が雌蕊で、その周りに3つの雄蕊があるのみです。果実には3つの突起があります。 繁殖力が高く、ちぎれた地下茎からでも繁殖するようです。毎年春になると芽が出ます。

亀田氏選夏草七種


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ