莧(ひゆ)

莧(ひゆ)は、アジア原産の一年草です。ヒユナ、バイアム、ジャワほうれん草という名称などで栽培され、葉を食用にします。

ヒユ属の種分化は分類により約20種~約300種と非常に多様で、雑種も多く分類は難しいようです。

莧(ひゆ)も夏の七草です。

葉鶏頭(ハゲイトウ)

葉鶏頭(ハゲイトウ)、雁来紅は、ヒユ科ヒユ属の一年草。アマランサスの食用品種。アマランサスの1種で、主に食用品種をヒユ(莧)と呼ぶようです。ケイトウ (Celosia argentea) は同科別属です。鶏頭(けいとう)とは違い、花冠が鶏のとさかのようになっておらず、ハゲイトウは、「ケイトウに似て茎の頂の部分にある葉が特に美しいもの」という意味のようです。ケイトウはハゲイトウと同じヒユ科ですがケイトウ属です。

ハゲイトウは熱帯アジアが原産で、茎は堅く直立し、草丈 80cm~ 1.5m 。根はゴボウ状の直根。葉は披針形で、初めは緑色で、夏の終わり頃から色づき、中心より赤・黄色・緑になり、寒くなるとさらに色鮮やかになります。葉が色づいてくるのは、花が葉肢にできたしるしです。葉の形や色は様々で、三色葉はよくあるようですが、黄と緑、紅と紫紅色などの二色葉、また、四色葉のものもあり、葉の細い細葉の種類もあるようです。

ハゲイトウの花は葉の脇に小さくつくためあまり目立つことはありません。花は肉冠の形にはつかず、葉肢に密集してつき、茎の頂は着色した葉の集まりです。ハゲイトウは短日植物で、だいたい日照時間が12時間以下で花がつくようです。種は細いですが、発芽率は良いようです。花は目立たないものの、葉が特に美しくカラフルなため、観葉植物として栽培されるようです。

雁来紅(ガンライコウ)

新・秋の七草で、長谷川時雨氏は、「雁来紅」を選びましたが、この雁来紅は葉鶏頭(ハゲイトウ)の漢名のようです。

雁来紅という漢名は、雁が渡ってくる頃に、深い紅色となることからその名がついたようで、ハゲイトウが秋の彼岸の頃に雁の群れがよく見られる時期に、かぎや棹になり、葉の色が冴えてくることから「雁来紅」と書かれてきたようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ