美徳に反対のことを言うことが禁じられる場合

臆病者の間では、勇敢さに逆らうことを言うのは低劣に響き、軽蔑を引き起こす。そして無分別な人間は、同情に反対のことが言われると憤激を示す。 曙光 289

先月、「いろんなことに挑戦していきたい!」「どうしてでしょうか?」という問答について少し触れました。「挑戦したいからです」への挑戦状ですね。

「臆病者の間では、勇敢さに逆らうことを言うのは低劣に響き、軽蔑を引き起こす」

とニーチェは言いますが、確かに臆病だからこそ奮闘している姿に、自己陶酔するのでしょうか。チャレンジすることに限らず、残業時間を自慢しているようでは同じようなことです。それらの姿は、親御さんたちにとっては微笑ましく、褒められてきたのでしょう。その時の記憶のまま、未だに同じようなやり方から離れられず、臆病者だからこそ「他人に認めて欲しい」などと思うのでしょう。

「『他人に認めてほしい』という気持ちはだれでも持っている」という人もいますが、僕はそんな気持ちは持っていません。

なぜならば、といっても繰り返しになりますから、それは過去記事を参照してもらうとして、挑戦すること自体は特に問題ありませんが、特に人にアピールするようなことではない、ということです。

アピールと言っても「今これをやっています。今これに挑戦しています」という旨を一切言うなということではありません。例えばアピールすることによって関連業種などで良きパートナーとして手を上げてくれる人もいるからです。

問題はアピール自体ではなく、アピールの動機です。

ある目的があるから協力者がほしい、お客さんを探すために宣伝もしなければならない、という点ならいいですが、「挑戦している姿を見て欲しい」というような類です。「見てください、褒めてください」ということです。これは特に異性に限定しない「モテたい」という気持ちですね。なぜモテたいのでしょうか?

「ある目的」が「挑戦している姿を見て欲しい」になってはいけません。

その目的自体も重要度を高いままにしておくとロクでもありません。

ああ!どうにでもなれ!

なぜか切羽詰まった状況のほうが、よく動けるといって、体育会系は怒鳴ったりして焦らそうとしますが、なぜ切羽詰まった状況のほうが上手くいくかは、世間で想像されているような因果関係ではありません。

本当に切羽詰まると、「ああ!どうにでもなれ!」と思うはずです。

その瞬間に思いが切れます。つまり「思いっ切り」とはそういうことです。

「やるのは恐いが、今やらなければ怒られる、ということはどちらにしても恐い、じゃあいっそやってやれ」という瞬間に、何かの結果が生まれます。しかしこれは、怒ったから、ではありません。「じゃあいっそやってやれ」と、思考によって堰止まっていた意図が行動に反映されたからであり、思いが切れたからです。

初めてデートに誘う時

例えば、初めてデートに誘う時に、なかなか電話の発信ボタンが押せないのはなぜでしょうか?

思考が巡っているからです。

そんな時には、考えるより先にボタンを押してしまうことです。

相手が出るか出ないかはわかりませんが、ひとまず着信履歴は残ったりします。

すると何かは動き出します。

そんな瞬間、「挑戦している瞬間」をお母さんに見て欲しいでしょうか?

僕は見て欲しくありません。たったそれだけのことです。

美徳に反対のことを言うことが禁じられる場合 曙光 289


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ