知名の士との交際について

甲。しかしどうして君はこのえらい人を避けるのか― 乙。僕は彼を誤解したくない!われわれの欠点は一緒に調和しない。僕は近眼で疑い深く、彼は贋のダイヤモンドを本物同然に身につけるのが好きなのだ。 曙光 226

ニーチェ 「しかしどうして君はこのえらい人を避けるのか」

bossu 「彼は、自らの従業員に違法な労働環境を与えながら、自らはMaseratiやLamborghiniをSNSのカバー写真にしているのが好きなのだ。そしてオーナーという言葉を使うことが好きなのだ」

ニーチェ 「しかしどうして君はこの手の車を避けるのか」

bossu 「MaseratiやLamborghiniが悪いわけではない。峠の下りで彼らのレベルでは、あれらの高出力は通用しないからだ」

ニーチェ 「しかしどうして君はオーナーという言葉を避けるのか」

bossu 「単語の用途を間違っているからだ」

ニーチェ 「しかしどうして君はこの手の車の乗り手を避けるのか」

bossu 「ドラテクを磨くことなく、直線で踏み込んで、その加速力を隣に乗った女子に見せ、モテようとしているからだ。僕は彼を誤解したくない!われわれの欠点は一緒に調和しない。僕は乱視気味で、荷重移動が深く、彼は高出力がもたらす直線の速さを本物の速さ同然に身につけるのが好きなのだ」

知名の士との交際について 曙光 226


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ