目的に従って

あらゆる行為の中で、おそらく最も理解されないのは、目的に従った行為であろう。それはいつも最もわかりやすい行為として認められてきたからであり、われわれの意識にとって最も平凡なものであるからである。重大な問題は巷にある。 曙光 127

行動をせき止めているもの、現実の流れを堰き止めているもの、それは、思考です。

できるかできないか、そうした検討が現実が進むことを止めています。

今目の前にコップに入った水があって、それを飲もうと思ったとき、思考が働き、対象に思考が働いていると現実は展開しません。そして、決断した時に実現可能性への思考はバイパスされます。

しかし厳密に考えれば、手に取った瞬間に地震が起こって水が溢れてしまうなどの可能性もゼロではありません。ただ、実現可能性は別としても、思考が止んだ時に実現へのプロセスは展開していきます。

思考が働いている間は実現が保留される

コップが2つあって、それぞれに水が入っている場合でも、先ほど汲んだものと昨日に汲んだものといった、属性の違う2つのものが目の前にあった場合、「先ほど汲んだものはどちらのコップだったか?」ということを考えている間は水を飲むという行動は実現していないはずです。

無意識的に行っている呼吸も、考えて実現可能かどうかなどを考えていない間はずっと実現しています。

しかし、何かの講習に行って、「合図をするまでしばらく息を止めてください」と言われている間は、止まっています。思考が無意識の行動に介入しているからです。

こうした思考は、基本的に危険を回避することをメインとして使われています。動物としての人間が、生存本能をベースとして持っている機能といえば機能です。

ただ、基本的に思考が働いている間にはその思考対象は実現しません。

不安感ベースの思考

できるかできないか、という相談ばかりしている人は、たいてい本当に考えているわけでも、議論の質を高めたいわけでもなく、感情を落ち着けるために相談をしています。

そうした不安感ベースの思考自体が、最も実現を妨げているものであることを知っておくと良いでしょう。

目的に従って 曙光 127


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ