先物取引の電話

以前、自宅に先物取引の営業の電話がかかってきました。

素人のふりをして話を聞いてみました。

ひとまず業者の名称だけは伏せておきましょう。

でも、「やっぱり脇が甘いねー」、と思いました。

まずは適合性の原則。
電話口が誰かも確認せずに商品や市場について説明を始めました。
父の同窓会名簿から電話してきたことも遺憾ですが、電話口が父である確認はしていませんでした。

そして、先物取引の勧誘であることを告げずに市場の話を始めたこと。

金の相場がどうのこうの、飼料用コーンの供給量がどうのこうの。
飼料だけじゃなくてバイオマスエタノールは?とつっこみたくもなりましたが、ガマンガマン。。。

「新聞はどちらを?」

そんなもん読んでも市場のスピードに勝てないよー。

もちろん「読んでいません」と答えました。

さらに、最後には勧誘を拒絶しているにもかかわらず、勧誘を続けたこと。

そして、もっとも不適切であった内容は以下のようなものです。

「次の3行をメモしてください。
まず、

東京コーン 1トン25000円
一口 50トン
一口 40万円

コーンの相場が1トン30000円になったとします。
年末には30000円、来年には50000円になると言われています。
1トンあたり5000円の利益ですが、仮に20口買われたとしていくらの利益になりますか?」

「数字が合わないのは、現物ではなく、証拠金取引か何かでしょうか?」

「そうです」

「なんで先に言わないの?そして、これ先物取引でしょう?先に言わないとダメじゃないか!」

というような内容です。

素人のふりして引っ張るだけ引っ張って聞き出した内容を、農林水産省に通報いたしました。

こういうタチの悪い客もいるんですねーこの世の中には(客ではありませんが)。

父の母校への通報(同窓会名簿)

そして、通報の後、父の母校に抗議しました。

ちょうど同窓会の案内が来ていたので、そこに書いてあった電話番号に電話しました。

「名簿はもう発行しておりませんので」

そういう問題ではなくて、現にその「昔の名簿」で変な業者が営業活動していることが問題です。

「当時の同窓会の役員が管理していたものなので」

「ふざけるな!履歴に残ってる全役員にうちの分は抹消するように命令しろ!あと寄付金募るくらいなら注意喚起の知らせを同封しろ!」

そういった旨のお知らせをしました。

変な業者はボコボコにしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ