世界の破壊者

この人は或ることがうまくゆかない。とうとう彼は怒って叫ぶ。「世界がみんな滅びてしまうといいんだが!」この嫌悪すべき感情は次のように推論する嫉妬心の絶頂である。私は或るものを所有し得ない。だから全世界には何も持たせたくない!全世界を無にしたい! 曙光 304

「世界がみんな滅びてしまうといいんだが!」とは完全にゲームかアニメの世界のようです。しかしよく起こる心理状況です。

ネタがスベった時は「この世界よ、滅びてしまえ」と思うそうです。

確かにそのような心境になるでしょう。ネタがスベっただけでなく、普通の話がスベった時も同じような心境になりますが、そんなとき、自分は話もしないで相手がスベったことを笑うような人がいます。

実際に、相手に先に話してもらったほうが、交渉ではかなり有利になります。

賢者も話しまくっている

たまに「賢者はあまり話さない」という事を自慢気に吹聴する人がいますが、「無駄話をしない」というだけで、話さないわけではありません。

確かに無駄話、つまり本題とはズレた話を「私をかまってくれ」と、渇愛丸出しで話すというのは愚かな行為でしょう。しかし、何も話さないのが「賢者」ではありません。

ニーチェは、「多く話すことは自分を偽り覆い隠す手段だ」という言い方をしましたが、それは無関係な話ばかりする場合です。関係あるような、でも違う無駄話ばかりする場合です。

しかしどうでしょうか。偉人とされる人たちもたくさん話しています。話というか自分の意志の表出をしたからこそ、ということになります。でないとあんなに書籍化されるはずはありません。

経典にしろ、この「曙光」にしろ何にしろ、一応話したこととされていたり、本人が書いたりしたものです。「賢者はあまり話さない」と言いますが、この点についてはどう捉えるのでしょうか。話しまくっています。

黙っていれば賢者というわけではない

相手にツッコまれないように「しゃべらない」と言うのは、何も賢者のやることではありません。それは別の手法で「攻撃されないための防衛手段」として、黙っているだけです。

あるべきは、「ツッコまれても大丈夫だが、言うべきことは言う」という態度です。ツッコまれても論駁できますから、いくらでも話すことができます。

自らを覆い隠すために、希釈するための「無駄話」をしないというだけで、何を質問されても堂々と話すことのできる態度です。

根底に恐怖心があるかどうかです。黙っていれば賢者というわけではありません。

そうなれば、恐怖心があろうが、どんなことでも、意志は外に出していいでしょう。

仮にそれが間違いであろうが、間違いであることに気付ける第一歩になります。

世界の破壊者 曙光 304


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ