三つ葉

三葉(みつば)

三葉・三つ葉(みつば)は、セリ科の多年草で、山地の日陰(林内)に自生します。草丈は40cm。開花期は6 ~8月です。名前の由来はもちろん葉が三枚であることから。

三つ葉

三つ葉

三葉の葉の形状は卵形で先が細くなり尖っており、互生し、3出複葉です。縁にはぎざぎざとした重鋸歯があります。セリ科には珍しく、花序は傘状には広がりません。

三葉の花

三葉の花(蕾)

三葉の花は白で雄蕊は5つ、柱頭は2つです。果実は5mm程度の長楕円形で、果実落下後は地上部は枯れてなくなります。しかし多年草なので、越冬してまた芽を出します。

こちらもセリ科ですが、うさぎの大好物です。江戸時代から食用とされ、蕎麦やお吸い物に最適な日本を代表するハーブですが、よく水耕栽培されているようです。6 月から8月に5枚花弁の白い小さな花を咲かせるようです。一度見てみたいですね(蕾ですが画像を追加しました)

亀田氏選夏草七種


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ