ザイオンス効果

すぐにお役立ちの心理学が満載

ザイオンス効果(単純接触効果)は、ザイアンスの単純接触効果、ザイアンスの法則とも呼ばれる。単純接触効果は、繰り返し接すると好意度や印象が高まるという効果。1968年、アメリカの心理学者ロバート・ザイアンスの論文により知られるようになった。単純接触効果とは、「ある刺激に繰り返しさらされることで、刺激に対する態度の変化が生じる」という効果であり、営業マンが研修で必ずと言っていいほど習う。人は最初は対象に対して、冷淡な態度をとるが、その対象への印象が、「ダメ、無理」なものでない限り、その対象に触れれば触れるほど、会えば会うほど好意をもつようになる、というようなことで、得意先には頻繁に顔を出せ、ということの裏付けのように言われます。

直接的な接触でなくても、名前と顔の一致があればその効果は発揮されます。特に無属性によく見る顔や名前は、繰り返し何度も相手の意識に入ることができれば、それだけである程度までは印象が上がっていきます。

この単純接触効果を狙って、安物のコンサルが書いた本に触発されたサムライ業や保険屋などがソーシャルネットワークで自分の名前が表示されるように「いいね」を乱発しています。しかしそんな安い考えは素人は騙せても、その法則、効果を狙ったものだな、と気づいている玄人の方には当然に見抜かれ、「寒いなこいつ」と思われいるので、注意しましょう。さらに人間的なほっこりする側面をみせられたらさらに好きになる、ということも説かれているので、意図的に子供の写真などを見せたりしますが、そのことはただの騙しとは言いませんが、邪念が含まれていることは見抜かれています。その場合、本当に邪念なしなら「ダメ、無理」から「まあいいか」くらいには昇格する可能性もありますが、大抵は「こういう側面を見せれば、印象が上がる」とスケベ心でやっていることは見抜かれているので、「まあいいか」に転ずることはありません。今ここで知れてよかったですね。胡散臭いコンサルさん、マルチの方、士業、保険屋のみなさん!

心理学 一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ