ザイオンス効果

すぐにお役立ちの心理学が満載

ザイオンス効果(単純接触効果)は、ザイアンスの単純接触効果、ザイアンスの法則とも呼ばれる。単純接触効果は、繰り返し接すると好意度や印象が高まるという効果。1968年、アメリカの心理学者ロバート・ザイアンスの論文により知られるようになった。

ザイオンス効果・単純接触効果とは、「ある刺激に繰り返しさらされることで、刺激に対する態度の変化が生じる」という効果であり、単純な接触を繰り返すと相手は自分に好意的になるというもので、営業マンが研修で必ずと言っていいほど習う心理効果です。といっても、対象は人間関係だけにとどまらず、人を代表例として物やブランド・企業などの概念も対象になります。

人は最初は対象に対して、冷淡な態度をとりますが、その対象への印象が、「ダメ、無理」なものでない限り、その対象に触れれば触れるほど、会えば会うほど好意をもつようになる、というようなことで、ザイオンス効果は「得意先には頻繁に顔を出せ」ということの裏付けのように言われます。

ザイオンス効果は「単純接触効果」とも表現され、単純な接触を繰り返すと、ある程度接触回数に比例して好意的になるということを意味しますが、その条件として、接触時に「マイナスの印象がつかないこと」というものがあります。

プラスの印象で無くても良いのですが、最低限無属性・フラットな関係として単純に接触すると、上限はあるもののある程度接触回数に比例して好意が増すという事になっています。

生存本能的危険回避の欲求

ザイオンス効果(単純接触効果)の本質はとても簡単で、人間の生存本能的な危険回避の欲求が奥にあり、リスクに対する安心の確認というものがその本質です。

生存本能を本質とするアイツこと自我は、危険回避を最優先します。ということで、見ず知らずの人に対しては、その属性が把握できていないので、ひとまず原則危険であるという判定をします。

なぜなら、その見ず知らずの人と出会っていなかった時、つまり過去の経験の延長では、ひとまず「その人が現れる前の状態は危険ではなかった」という記憶があります。ということで、出会う以前でも生存は叶っていた所に、人との新しい出会いは一種のリスクであり、得体の知れないものに対しては警戒を抱くというのは本能的な危険回避として通常の反応です。

 

ザイオンス効果は「無属性・フラット」以上の印象の単純な接触を繰り返すと、ある程度接触回数に比例して好意的になるということになりますが、これはそうした接触において「危険ではなかった」ということを学習していくことがその本質です。だからこそ以下に単純な接触を繰り返していたとしても、それがマイナスの印象の場合には心理効果は発揮されないのです。

初めて会う人は一応得体が知れないため、原則初対面では警戒するものの、「危険ではなかった」という学習をしながら、表情や言動等々相手の属性を朧気ながら把握していくことができるので、「把握できている領域・相手の属性」に比例して危険回避の反応が低減していく、というのがザイオンスの単純接触効果の本質になるでしょう。

ザイオンスの単純接触効果の対象としては、人だけでなく物なども対象となります。パソコンや携帯電話が登場した時にはそれに警戒していた人たちも、街にありふれるようになってから使いだしたりするのが良い例です。

所詮アイツこと自我は、生存本能を発端としながら、関連性で成り立っています。今までの経験で把握した情報の塊によって「自分が見る世界」が形成されており、その世界の中に無いものは危険因子として見るというのが本性です。

ということで、今まで自分の世界になかったものが自分の世界に現れるということは単なるリスクでしか無く、その新しいものが自分にもたらす危険性やメリットを単純な接触で、少しずつ把握して危険回避の反応を減らしていくという感じです。

ザイオンス効果・単純接触効果の例

ザイオンス効果は、直接的な接触でなくても、名前と顔の一致があればその効果は発揮されます。特に無属性によく見る顔や名前は、繰り返し何度も相手の意識に入ることができれば、それだけである程度までは印象が上がっていきます。

 

このザイオンスの単純接触効果を狙って、安物のコンサルが書いた本に触発されたサムライ業や保険屋などがソーシャルネットワークで自分の名前が表示されるように「いいね」を乱発しています。

「名前が表示されれば単純接触になる」「顔が写った投稿が見られると単純接触になる」ということを狙っています。

しかしそんな安い考えは素人は騙せても、その法則つまりザイオンス効果を狙ったものだな、と気づいている玄人の方には当然に見抜かれ、「寒いなこいつ」と思われているので、注意しましょう。

さらにザイオンスの単純接触効果として、人間的なほっこりする側面をみせられたらさらに好きになる、ということも説かれているので、意図的に子供の写真などを見せたりします。そのことはただの騙しとは言いませんが、邪念が含まれていることは見抜かれています。

その場合、本当に邪念なしなら「ダメ、無理」から「まあいいか」くらいには昇格する可能性もありますが、大抵は「こういう側面を見せれば、印象が上がる」とスケベ心でやっていることは見抜かれているので、「まあいいか」に転ずることはありません。

ザイオンスの単純接触効果は印象がフラット以上である必要があります。それは、本質的に初対面のものに対して危険回避の本能を持っているからです。

しかし、「あの行動はザイオンスの単純接触効果を狙っているスケベ心が発端となっている」と見抜かれれば、必然的にフラットからマイナスの印象へと移行するはずです。

つまり「心理テクニックを使って騙そうとしている」という印象がつきます。騙そうとしている行動を取る人は危険因子です。

今ここで知れてよかったですね。胡散臭いコンサルさん、マルチの方、士業、保険屋のみなさん!

心理学 一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ