あることを是認する

われわれが結婚を是認するのは、第一にわれわれは結婚をまだ知らないから、第二に、われわれは結婚に馴れているから、第三に、われわれは婚約しているからである。― すなわちほとんどあらゆる場合に是認する。それにもかかわらず、結婚一般の品質の良否については何もそれで証明していない。 曙光 359

なんだかんだでニーチェは結婚ネタが好きですね。

ご無沙汰しております。bossuです。眼のピクピクも少し落ち着いてきました。

さて、以前結婚相談所の方と、結婚についてお話をしたことがあります。

「結婚=第三者に対する二人の関係性の外部的証明」

というような旨でお話をすると、大激怒されてしまいました。が、別に間違っているとは今でも思っていません。

法律を勉強していた影響もありますが、実はこのような考えは小学生の時から持っています。大学生くらいの時に、民法の婚姻を勉強して、「やっぱり正しかった」と、思ったくらいです。

二人の関係性を二人以外がどう捉えるか

二人の関係性を二人以外がどう捉えるかだけの問題です。

なぜなら、いわゆる「結婚生活」みたいなことを二人でやる分には、婚姻の必要が無いからです。

一緒に住むことも生計を一にすることもできます。そして別に子作りだってできます。さらにその子を実子とすることもできます。

では、結婚とは一体何なのでしょうか?

二人の関係性を当事者である二人以外がどう捉えるか、というだけの問題になります。

それは法的にもそうですが、社会的にも同様です。

婚姻は一つの対外的な方法論

別に二人が二人でどう生きようと、それは二人の自由です。婚姻は一つの対外的な方法論にしか過ぎません。

最近、同性結婚が云々、ということもたまに話題になりますが、法的に相続や代理権の効果が得たいだけならば、無理に「婚姻」という名目でなくともなんとでもなります。

つまりは「私達を認めろ」

ということです。

残念ですが、他人に認めてもらう必要はありません。他人に認めてもらうことが心の安穏の条件になっている状態のほうが、苦悶の原因になります。

「結婚=第三者に対する二人の関係性の外部的証明」

ということから、まだ先に続きはあるのですが、よくよく考えないと、この大前提の先にはたどり着くことはできないでしょう。

あることを是認する 曙光 359


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ