タグ別アーカイブ: 国内

日本国内

星取県 2019 鳥取県の星空

星取県 2019 鳥取県の星空と鳥取砂丘

鳥取県内にて「『星取県』を名乗ることにしました」という看板があちこちにあったので夜空を見上げてみることにしました。 うーん… たしかによく見えます。 時期的に七夕だったのですが、七夕らしい夜空。 星の見え方的には、ネパールの山奥の次くらいといった感じでしょうか。 こんなに見えるなら次に行くときは望遠鏡を持っていこうかなぁなんて思ったりしました。 鳥取砂丘 そして毎度おなじみ鳥取砂丘です。今回は比較的晴れ間が広がっていました。 鳥取砂丘は説明不要なほど有名ですが、鳥取県鳥取市にある南北2.4km、東西16kmの砂丘で

» 星取県 2019 鳥取県の星空と鳥取砂丘の続きを読む


ご縁の国しまね 2019 足立美術館

ご縁の国しまね 2019 足立美術館

ご縁の国しまね 2019ということで、先日足立美術館に行ってきました。といっても今回は、島根県には足立美術館にちょっと寄ったという程度でした。 日本一の日本庭園という評価を受けているという感じでしたが、地元が京都という土地柄ということもあってか日本庭園には慣れている感があるのと、「評価+そこそこの料金」からハードルが上がっていたので、「まあこんなもんかなぁ」という感じでした。 最初隣の安来節演芸館の方の駐車場に迷い込んでしまいましたが、すぐに隣だと気づき駐車場につくなり現れたのが足立美術館の新館でした。 新館という

» ご縁の国しまね 2019 足立美術館の続きを読む


Photo Gallery “島根”

Photo Gallery “島根” 島根で撮った写真集 ご縁の国しまね 2019 足立美術館 関連しているかもしれない記事です: 国宝みうらじゅん いやげ物展 国宝みうらじゅん いやげ物展に行きました。 貰っても少し困ってしまう土産物=「いやげ物」を展示しているということで大阪まで行きました。副題は「総展示数、約2千点のなんでやねん」です。 いやげ物のヘンジク、ペナントコーナーです。 新京極では「WANDS」をよく見かけましたなぁ   土産物屋によく置いてあるようなご当地インスタントカメラが置いてありました。スマ

» Photo Gallery “島根”の続きを読む


Photo Gallery “大阪”

Photo Gallery “大阪” 大阪で撮った写真集 関連しているかもしれない記事です: 国宝みうらじゅん いやげ物展 国宝みうらじゅん いやげ物展に行きました。 貰っても少し困ってしまう土産物=「いやげ物」を展示しているということで大阪まで行きました。副題は「総展示数、約2千点のなんでやねん」です。 いやげ物のヘンジク、ペナントコーナーです。 新京極では「WANDS」をよく見かけましたなぁ   土産物屋によく置いてあるようなご当地インスタントカメラが置いてありました。スマートフォン全盛期の現代ではほとんど姿を

» Photo Gallery “大阪”の続きを読む


Photo Gallery “北海道”

Photo Gallery “北海道” 北海道で撮った写真集 関連しているかもしれない記事です: Photo Gallery “京都” Photo Gallery “京都” 京都で撮った写真集… Photo Gallery “岐阜” Photo Gallery “岐阜” 岐阜で撮った写真集… Photo Gallery “長野” Photo Gallery “長野” 長野で撮った写真集… Photo Gallery “群馬” Photo Gallery “群馬” 群馬で撮った写真

» Photo Gallery “北海道”の続きを読む


清流の国 ぎふ うだつの上がる町並み

清流の国 ぎふ 2019 うだつの上がる町並み

特に目的地として設定していたわけではなかったのですが、平湯温泉に向かう途中に「うだつの上がる町並み」の案内板が見えたので帰りに向かいました。 うだつの上がる町並みは岐阜県美濃市にあります。 数年前のことになりますが、大学生によるビジネスプランに関するプレゼンテーションを聞いていたところ、このうだつの上がる町並みが登場したのでその存在を知りました。 そういうわけなので、近くを通った時に 「ほう、ここがあのプレゼンテーションで出てきたうだつの上がる町並みか」 ということになり、帰りに寄ることにしたという感じです。 慣用

» 清流の国 ぎふ 2019 うだつの上がる町並みの続きを読む


奥飛騨クマ牧場 ヒグマのグーちゃんとの思い出

奥飛騨クマ牧場 ヒグマのグーちゃんとの思い出

奥飛騨クマ牧場にいるヒグマのグーちゃんとの思い出です。 奥飛騨クマ牧場にはたくさんのツキノワグマがいますが、ヒグマは一頭のみ。そのヒグマがグーちゃんです。牧場の一番奥にいます。 1995年生まれということで、僕とは干支一周り違いで亥年の歳男です。 最初ヒグマのグーちゃんのところに向かった時は雪が積もる高い場所にいました。 一応ビスケットを投げてみたりしましたが、それほど反応はなく、という感じでした。 ツキノワグマのように特に興味を示すわけでもなく、直接取りに来ることもなく、近くに落ちたものをゆっくりと食べに来るよう

» 奥飛騨クマ牧場 ヒグマのグーちゃんとの思い出の続きを読む


奥飛騨クマ牧場 ツキノワグマとの戯れ

奥飛騨クマ牧場 ツキノワグマとの戯れ

以前、福井県から群馬県に向かう途中に平湯温泉あたりを通過した時に「温泉の匂いが強烈だ」と感じ、印象に残っていたので、この度平湯温泉に行きました。 やっぱり匂い通り泉質がいいなぁと思いました。 僕の中では草津温泉の次くらいだと思います。 翌日、奥飛騨クマ牧場に向かいました。 やはりどこに行っても動物に会いに行ってしまいます。 奥飛騨クマ牧場にはツキノワグマとヒグマがいます。 ひとまずはツキノワグマたちとの思い出の方から触れていくことにします。 いざ!奥飛騨クマ牧場 若干昭和感のある奥飛騨クマ牧場。昭和生まれの僕として

» 奥飛騨クマ牧場 ツキノワグマとの戯れの続きを読む


福井県越前町 宿(しゅく)遠い記憶が蘇る高台

美しくたくましく福井県 2019 遠い記憶が蘇る高台

毎度毎度福井県に、そして越前町に来てしまうのは、やはり幼少期の遠い記憶がそうさせてしまうだと思っています。 去年はバス停だけでしたが、今回は本格的に思い出の高台まで行ってみました。 路地を発見。 既に頭がほんわかぱっぱ。 「画面は砂嵐で音声のみが聞こえたドラえもんのあの日」が鮮明に蘇ってきました。 既に鼻血が出そうなレベルです。 小学校低学年くらいの時(もしかすると幼稚園児くらいだったかもしれません)に、この町にいる遠い親戚の家の近所に住む女の子二人(姉妹)と駆け登った石段。 ひとまず鳥居まで進みます。 「んにゃ?

» 美しくたくましく福井県 2019 遠い記憶が蘇る高台の続きを読む


東尋坊

美しくたくましく福井県 2019 東尋坊

越前松島水族館からすぐだったので、ついでに東尋坊にも行ってみました。距離にして3kmちょっと、車で5分程度です。 日本海の壮大さをより一層感じさせてくれる東尋坊。 東尋坊は、越前加賀海岸国定公園の特別保護地区であり、国の天然記念物および名勝に指定されています。 荒波と岩のコントラストが美しい東尋坊。「日本海」という感じがします。 自然の前での非力さを感じさせてくれる東尋坊。 真冬の東尋坊は味があります。 凄まじきかな断崖絶壁。 近くには東尋坊タワーがありました。 〒913-0064 福井県坂井市三国町安島東尋坊 関

» 美しくたくましく福井県 2019 東尋坊の続きを読む


美しくたくましく福井県 2019 越前松島水族館

美しくたくましく福井県 2019 越前松島水族館

敦賀市から一旦若狭町に向かい、翌日から例のごとく越前町方面に行きました。 毎度毎度越前町という感じですが、今回は坂井市まで足を伸ばし越前松島水族館に向かいました。なぜなら年始に桃鉄でマンボウラッシュだったことと気比の松原でマンボウを見たからです。越前町行きは旅立つ前から決めていたことですし、さらに少し先にある越前松島水族館では生きたマンボウを観ることができるということなのでパスする理由がありません。 そんな感じで今年はマンボウを筆頭に魚類や両生類など、海の生き物と仲良くなろうということで水族館に行きました。 越前松

» 美しくたくましく福井県 2019 越前松島水族館の続きを読む


気比の松原

美しくたくましく福井県 2019 気比の松原

美しくたくましく福井県 2019ということで福井ツアーに行きました。まず第一弾は 福井県敦賀市の景勝地「気比の松原」です。この場所へは何度か行ったことがあるのですが、久しぶりに寄ってみようということで松原を散歩しに行きました。 気比(けひ)の松原は、日本三大松原の一つです。 浜辺のすぐ脇にたくさんの松が群生しています。赤松が多いのが特徴的です。 松の香りと潮風が相まってすごく良い匂いがします。 目の前はもちろん海岸。 敦賀湾です。 松林を歩くと様々な発見があります。 夫婦松 まあわかりやすいもので言えば、こちら「夫

» 美しくたくましく福井県 2019 気比の松原の続きを読む


Photo Gallery 兵庫

Photo Gallery “兵庫”

Photo Gallery “兵庫”
兵庫で撮った写真集

» Photo Gallery “兵庫”の続きを読む


手塚治虫記念館 火の鳥

手塚治虫記念館

今回のツアーの本題である「手塚治虫記念館」です。手塚作品が全て置いてあり読み放題だという魅力に惹かれてという感じです。 ここ半年ほど手塚作品を爆買いし、マイナー作品も読み漁りまくっていたため、とにかく手塚治虫記念館に行ってみようということで宝塚、神戸方面に向かったのですが、結局行ったのは最終日という感じになりました。 宝塚市立手塚治虫記念館 〒665-0844 兵庫県宝塚市武庫川町7-65 宝塚市立手塚治虫記念館(公式サイト) いざ手塚治虫記念館! 入り口にいきなり火の鳥。 そして足元には手塚キャラクターの手形・足

» 手塚治虫記念館の続きを読む


神戸どうぶつ王国 バードパフォーマンスショー

神戸どうぶつ王国でさらにふれあいの時間

六甲山牧場に行った翌日、神戸どうぶつ王国でさらにふれあいの時間を満喫しました。有馬温泉の方からポートアイランドまで足を伸ばす形で、連日動物とのふれあいです。結局動物ばかりという感じになりました。 神戸どうぶつ王国は元々神戸花鳥園だったということで鳥がたくさんいます。鳥たちとふれあいたいということで、「うさぎをはじめとした草食動物の次は鳥だ」という感じで、どうぶつ王国です。 神戸どうぶつ王国 〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町7丁目1−9 神戸どうぶつ王国(公式サイト) 鳥たちとのふれあい 神戸どうぶつ王

» 神戸どうぶつ王国でさらにふれあいの時間の続きを読む


六甲山牧場の羊

六甲山牧場でふれあいの時間

神戸方面ツアーについては特に何の予定も立てていなかったのですが、六甲山に来たからにはと六甲山牧場に行きました。 六甲山牧場には羊や山羊、うさぎ、牛、馬、ミニブタ、アヒル・コールダックなど様々な草食系の動物がいます。そしてそうした動物と触れ合うことができます。 なお、たくさんの羊だけでなく牧羊犬もいます。ちょうど先日「ベイブ」を観たばっかりだったので、そうしたことからこの場所を選んだのでしょう。 京都は京都市動物園くらいしかありませんが、兵庫県はいたるところに動物と触れ合う場所があるのでいいなぁと思います。 神戸市立

» 六甲山牧場でふれあいの時間の続きを読む


六甲山から望む神戸の夜景

西宮の夫婦岩から六甲山・摩耶山・再度山へ

今回は、手塚治虫記念館に行くということだけを確定事項として宝塚~神戸方面に旅立つことにしました。まずは、西宮の夫婦岩前を通過してから六甲山・摩耶山・再度山の方に行きました。 かなり変な感じなのですが、西宮の夫婦岩については縁もゆかりもないはずであるものの、一年以上前に夢の中で出てきたので何故か向かうことにしたという感じです。まあ話半分くらいの感覚で書いておくことにします。 夢の中のストーリー 夢の中では特に名指しで夫婦岩という感じではなかったのですが、川としての夙川の脇を歩いて北上する夢を見ました。 その中で丘にぶ

» 西宮の夫婦岩から六甲山・摩耶山・再度山への続きを読む


Photo Gallery 沖縄

Photo Gallery “沖縄”

Photo Gallery “沖縄”
沖縄で撮った写真集

» Photo Gallery “沖縄”の続きを読む


Photo Gallery 岡山

Photo Gallery “岡山”

Photo Gallery “岡山”
岡山で撮った写真集

» Photo Gallery “岡山”の続きを読む


Photo Gallery 栃木

Photo Gallery “栃木”

Photo Gallery “栃木”
栃木で撮った写真集

» Photo Gallery “栃木”の続きを読む


Photo Gallery 群馬

Photo Gallery “群馬”

Photo Gallery “群馬”
群馬で撮った写真集

» Photo Gallery “群馬”の続きを読む


Photo Gallery 長野

Photo Gallery “長野”

Photo Gallery “長野”
長野で撮った写真集

» Photo Gallery “長野”の続きを読む


Photo Gallery 岐阜

Photo Gallery “岐阜”

Photo Gallery “岐阜”
岐阜で撮った写真集

» Photo Gallery “岐阜”の続きを読む