カテゴリー別アーカイブ: 特別企画

特別企画

アフォリズム 461-470

アフォリズム 461-470 461.些細な動機づけ 462.面倒なことは淡々と終わらせる 463.花への感想 464.啓示への執著 465.感情の特性の利用 466.他人が考えていることの推測 467.相手が考えていることを知ったあと 468.空気感と向き 469.臥した時の思考と緊張 470.厳密な原因 461.些細な動機づけ 一度意識に情報が入るとそれを外に吐き出したくなるような特性がある。「知ったことを話したくなる」というようなものになるが、こうした特性を利用して学習や調査を進めることもできる。 462.面

» アフォリズム 461-470の続きを読む


アフォリズム 451-460

アフォリズム 451-460 451.笑いと哲学 452.笑いと社会的問題 453.収益性の限界を見切る 454.もったいなさや罪悪感 455.経年劣化する力 456.前提の誤り 457.既にあるものと欲 458.良き学者と良き教師 459.旅行の動作と見える景色 460.外から見た様子と心の様子 451.笑いと哲学 優れた笑いには、哲学的要素が大いに含まれていることがある。笑いにおけるボケというものは、「常識から逸脱するもの」が多いが、そうしたものに哲学的な問題が含まれている場合がある。 452.笑いと社会的問題

» アフォリズム 451-460の続きを読む


アフォリズム 441-450

アフォリズム 441-450 441.欲と怒りの比較 442.不親切な「だよ」 443.現象の構成 444.ありがとう教の成り立ち 445.プラスとマイナスの生起 446.環境や食を整える 447.「こつん」と落ちてきたもの 448.見えない要因 449.活動と睡眠 450.「当然」かつ「そうでなくても構わない」 441.欲と怒りの比較 欲か怒りかどちらの方がマシかと考えれば、やはり欲の方がまだマシである。振り返って思い返すと、怒りに満ちていた時は、暗い苦しさで満ちていた。欲に意識が向いていた時の方が、比較的明るさ

» アフォリズム 441-450の続きを読む


アフォリズム 431-440

アフォリズム 431-440 431.自然言語と意志 432.言いやすさ 433.飯のうまさ 434.動物との対話 435.無駄な動きの観察 436.ギアやクラッチ 437.存在や非存在 438.隠し通路 439.俗世間の評価の流動性 440.外界への依存 431.自然言語と意志 文法すら完全には解明されていない中、それでも自然言語を解析するというのはまあ結構だが、結局、表出された言語のみを扱い、奥にある意志を読み取れないという構造なのであれば、その言語の解析すら、中途半端なものにならざるをえないということは覚悟し

» アフォリズム 431-440の続きを読む


アフォリズム 421-430

アフォリズム 421-430 421.責任転嫁できない領域 422.意図的混乱 423.承認の価値 424.真我という知識や概念と判断 425.位置エネルギーと現象 426..状態と移動 427.シックスパック 428.母の勲章 429.身が引き締まる出来事 430.知識と焦燥 421.責任転嫁できない領域 特に社会的な領域においては、責任の矛先を探して、責任を押し付けることができる領域もあるだろう。しかしながら、社会というものを関係させ得ない「どうやっても責任転嫁できない領域」というものもある、ということを忘れて

» アフォリズム 421-430の続きを読む


アフォリズム 411-420

アフォリズム 411-420 411.相談相手 412.慈悲と慢心 413.恩恵に対する気の緩み 414.感情対理性 415.社会における消去法的責任 416.うわべだけの掛け声 417.大人に対する未成年の判断 418.弱いフリ 419.別にいいじゃないか 420.苦の消滅と知識 411.相談相手 一人で抱え込んで突破口が見つからないのであれば、相談相手を探すということが理性に基づいた判断と行動であると言えるだろう。ただし、可能な限り感情的な相談ではなく、理性に基づいた「理性による助言」ができる相手を選ばなければ

» アフォリズム 411-420の続きを読む


アフォリズム 401-410

アフォリズム 401-410 401.基本と興奮 402.苦の消滅と評価 403.納得と求めているもの 404.悲しみ鬱ぐ者を救う者 405.見たとしても見ただけという確認 406.インターネットの厳密性 407.苦手な相手 408.轍を踏むことを避ける 409.犯罪者の心理 410.概念を捨てる 401.基本と興奮 基本的な人格があり、今現在の興奮というものが上に乗っているということを忘れると、興奮が冷めた時に現れる基本人格や、後の「その時点での興味関心への興奮」に辟易することになる。 402.苦の消滅と評価 苦

» アフォリズム 401-410の続きを読む


アフォリズム 391-400

アフォリズム 391-400 391.ゼロの苦悩 392.本屋や図書館の本棚 393.言葉足らずの代表格 394.普段は使わない交通手段 395.妄想知識 396.大多数の人の予想 397.苦の消滅と組織 398.記憶による傲慢 399.世界中の人々への意識 400.瞬間と生 391.ゼロの苦悩 ゼロという概念はあくまで数学的なものであり、生活や経験にそれを持ち込むと苦悩が生じることがある。 392.本屋や図書館の本棚 本屋や図書館の本棚を眺めていると頭がクラクラする。 393.言葉足らずの代表格 手に取る相手のこ

» アフォリズム 391-400の続きを読む


アフォリズム 381-390

アフォリズム 381-390 381.頭の腫れと理性的判断 382.時間的な深さ 383.ムキな自己顕示 384.祖父母と愚痴 385.殴られない前提への対応 386.仕事と免責 387.手をかけることと自立心 388.楽と集中 389.安易なテーマの組み合わせ 390.因縁の一般認識 381.頭の腫れと理性的判断 「とにかく今、頭が腫れている。頭の腫れがひくまでは、まあいいか」という確認をし、ひとまず肩の荷を下ろすというのは、理性的な判断である。 382.時間的な深さ 観光地というものは、時間、歴史的深さが掛け算

» アフォリズム 381-390の続きを読む


アフォリズム 371-380

アフォリズム 371-380 371.何もできなかった日 372.少しの旅 373.相関性の解析 374.贈り物への態度 375.自作物の他者評価 376.まともなサポート 377.同じような情報の維持 378.多少の挫折 379.歯間ブラシ 380.今の認識の空性と妄想 371.何もできなかった日 「今日は何もできなかったなぁ」と思うような日の数を合計すると、おそらく年単位になる。 372.少しの旅 「今日はあまり時間がないから」と言うようなことを思わずに、「よし、今日は旅に出よう」と思った日は、少しの時間でも少

» アフォリズム 371-380の続きを読む


アフォリズム 361-370

アフォリズム 361-370 361.集中力や気力のまとまり 362.配慮と媚び諂い 363.労働時間と生産性 364.どういった誇りなのか 365.どうせ怒りに化ける 366.紳士と野獣 367.わかりにくいもの 368.社会的洗脳による時間労力の浪費 369.あれがしたい時のこれ 370.因と縁 361.集中力や気力のまとまり 「こうなったらいいな」と思いつつも、ある程度の集中力やまとまった気力がないと、なかなか飛び越えることはできない。 362.配慮と媚び諂い 紳士的な配慮というものは結構であるが、それが媚び

» アフォリズム 361-370の続きを読む


アフォリズム 351-360

アフォリズム 351-360 351.反抗期 352.抜け駆けの意図と遠慮 353.友人を作る能力の重要性 354.物理的制約 355.捻じ曲げられたもの 356.教育という消費の果て 357.盲目的一般化 358.違和感のある自称成功者 359.折れない精神と立ち直り 360.言葉や動きと意識の向き 351.反抗期 反抗期というものは、本能的な力の目覚めというよりも、大人の嘘やごまかし、矛盾を見抜く能力が開花してくる時期という方が正しい。 352.抜け駆けの意図と遠慮 隠れてコソコソと抜け駆けのように人よりも優位

» アフォリズム 351-360の続きを読む


アフォリズム 341-350

アフォリズム 341-350 341.忍耐と冷酷な残虐性 342.いい人認定 343.略すことを抑制する 344.人の目に対するカウンターアタック 345.音楽と静寂 346.考え事と雑事 347.沈黙の不快感の利用 348.思考の追い出し 349.趣味と商いと閾値 350.目を閉じた時に起こる現実 341.忍耐と冷酷な残虐性 ある種の女は、相手に惚れた場合には驚くほどの忍耐が生じる一方、相手に惚れていない場合は、驚くほど冷酷な残虐性が生じる。同一の人間であるのかを疑うほどに。 342.いい人認定 世間で言うところ

» アフォリズム 341-350の続きを読む


アフォリズム 331-340

アフォリズム 331-340 331.時間を潰すという発想 332.「運とかじゃないです」と言っていた者 333.煩悩と私 334.数量的な偉業の判断 335.銭湯や温泉での振る舞い 336.一喜一憂 337.職業的、経済的安定を求めるのであれば 338.自我の都合と心の都合 339.保護者からの影響 340.欲や怒りが静まった時に生ずるもの 331.時間を潰すという発想 「時間を潰す」という発想は、楽しみ自体を見つけにくくし、また、集中力も奪っていく。 332.「運とかじゃないです」と言っていた者 しきりに「運と

» アフォリズム 331-340の続きを読む


アフォリズム 321-330

アフォリズム 321-330 321.狂人への恐怖からの無批判 322.お客の求めるところ 323.頭の腫れ 324.半端な並列 325.心が受ける痛み 326.慈悲による視野の広がり 327.精神の不調の要因 328.だらだらとした時間と集中力 329.現に起こっていることと妄想 330.妄想への対処 321.狂人への恐怖からの無批判 宗教が表立って批判されにくい要因として、一種の狂人への恐怖というものがある。信仰という狂気から、理性を飛び越えて何を仕出かすかわからない、というようなものが恐怖心を生み出し、「触ら

» アフォリズム 321-330の続きを読む


アフォリズム 311-320

アフォリズム 311-320 311.無気力の但し書き 312.その場の最適を選んで意識を向ける 313.受け入れと飲み込み 314.うまくいかないこと 315.情報による暴走と手綱 316.初回の決定要因としての権威 317.仮観とキリスト教的世界観と社会生活 318.己が興奮のための助言 319.欲や怒りが静まった時に現れる顔 320.執著の対象の変化 311.無気力の但し書き 「何もしたくない」と思ったとしても、「今、考えうるものの中では」といったものや、「今の体調では」といった但し書きがついているというのが

» アフォリズム 311-320の続きを読む


アフォリズム 301-310

アフォリズム 301-310 301.年配者の無関心 302.記憶に対応した痛み 303.男性専用、女性専用の曲 304.社会的対象の空虚さ 305.「普通の言動」と幸福 306.気づいた時の脱力 307.自由という牢獄 308.略語としての活 309.今現在以外への意識 310.動作への集中 301.年配者の無関心 年配者というものは、プロセスにあまり関心がない。 これは自身でやることがないため、うまくいった時のプロセスを覚えておこうという気がないことによる。 302.記憶に対応した痛み 集中力を高めると、特定の

» アフォリズム 301-310の続きを読む


アフォリズム 291-300

アフォリズム 291-300 291.能動と受動 292.無駄そうな時間 293.手や腕とまともな思考 294.新しい方法を見聞きした時 295.思い込みの克服 296.狂人たちの業績 297.断定的口調に冷める者 298.直線と殺風景 299.徒歩と思索 300.思い切りの例 291.能動と受動 どうも能動と受動の二元論でモノが語られているような気がするが、そのどちらでもあり、どちらでもないような、とても自然な動きというものもあるではないか。 292.無駄そうな時間 無駄に見える時間は、頭をまとめるために有意義に

» アフォリズム 291-300の続きを読む


アフォリズム 281-290

アフォリズム 281-290 281.どうでもいいことの証明 282.料理と水分 283.神格化の前提にあるもの 284.愛と慈悲 285.いじめられている者の底意 286.動きと休息 287.シッダールタと坊主 288.数ステップの差 289.情報状態と線 290.四向四果の印象 281.どうでもいいことの証明 伝家の宝刀のように「どうでもいい」という言葉を使う前に、どうでもいいことについて「なぜ、どうでもいいのか?」ということを証明する意志くらいは持って欲しい。 282.料理と水分 「水気が残っていても、火を入

» アフォリズム 281-290の続きを読む


アフォリズム 271-280

アフォリズム 271-280 271.体の疲れと睡眠 272.今の状況の判断 273.認識不可能な理由 274.エネルギー生成のための不快 275.教養と感情 276.必要なものの訪れ 277.レベルと喧嘩 278.不自然な人付き合い 279.記号と仮説 280.極度の緊張 271.体の疲れと睡眠 睡眠に難がある場合、徹底的に体を疲れさせるというのが最も改善に効果的である。 最初は動く気力がなくても、歩みを進めるとそのうちまだまだ歩けるような気になる。そうして、精神の疲れを上回る程に体を疲れさせるべく歩き続けると、

» アフォリズム 271-280の続きを読む


アフォリズム 261-270

アフォリズム 261-270 261.若い芽の取り扱い 262.納得とコストの膨れ上がり 263.試験の結果 264.その空間を構成する数 265.冒険と生活 266.情けない選択 267.若年の特権としての狂気 268.即効性の逆説 269.同調する者の不在 270.ただ単に遠くから眺める 261.若い芽の取り扱い いかに天賦の才があろうとも、「それを支援する」という大人に囲われてしまった場合、大人の発想に毒されて才を失う。 262.納得とコストの膨れ上がり ある種の人間を納得させようとすると、その資料作りが膨大

» アフォリズム 261-270の続きを読む


アフォリズム 251-260

アフォリズム 251-260 251.別のところにある理由 252.利己心の範囲 253.異性への理解と取り扱い 254.暇と哲学 255.研究や実験とアンケート 256.逆効果としての思いやりや愛情 257.人としての言葉と女としての言葉 258.勤め人の視野の制限 259.最大限に楽しむ 260.「知るか!」 251.別のところにある理由 ムキになって抵抗している者は、たいてい別のところにある理由によって、理屈の通らないような抵抗をしているという場合がある。 その理由を言うと別のところで都合が悪くなったり、恥ず

» アフォリズム 251-260の続きを読む


アフォリズム 241-250

アフォリズム 241-250 241.恐怖と世代的敵意 242.例外はあるにしても、それはただ例外である 243.害と誤謬 244.不可解な抵抗 245.立場と思い 246.著名人の名 247.攻撃と傷 248.本当のことを言う価値 249.馬鹿への態度 250.線を作るもの 241.恐怖と世代的敵意 社会のうち、まだ見えず経験をしていない未知のものに対する恐怖が潜んでいることがある。 その象徴として、ある世代を取り上げ、それに対して強がる、というのはまだ良いとしても、その集合に入っているからといって同一視して無駄

» アフォリズム 241-250の続きを読む


アフォリズム 231-240

アフォリズム 231-240 231.精神的負荷の肩代わり 232.こんな日々が続けばいいのに 233.なぜ伝わらないのか? 234.パズルゲームと調子 235.老いとワクワク 236.事実のあっけなさ 237.気がかりと進捗 238.風による乾燥 239.「カルトに注意」というカルト 240.疲れの軽視 231.精神的負荷の肩代わり 結局相手が求めているものは精神的負荷の肩代わりである、というような局面がよくある。 負荷を負荷であると思わないような感覚が、周りにとって魅力となる。 232.こんな日々が続けばいいの

» アフォリズム 231-240の続きを読む


アフォリズム 221-230

アフォリズム 221-230 221.ごまかせる何かを求めて 222.勝手に笑う 223.無条件の素晴らしさ 224.紳士的な振る舞い 225.心理学の価値 226.妻や母であろうとも 227.集中に適した空間 228.カルト的狂気 229.自己完結 230.因果の受け取り 221.ごまかせる何かを求めて いつもごまかせる何かを求めて過ごしていたような気がする。 怒りも興奮も、他の人々が称賛するような行動もすべて何かしらの焦燥や沈鬱が奥にあったような、そんな気がする。 222.勝手に笑う どう思っていただいても結構

» アフォリズム 221-230の続きを読む