みどりのマキバオー

突然現れたマキバオー

ゴールデンウィークのある日、起きた途端に頭の中で「走れマキバオー」が流れ始めました。

するとその日は一日「んあ?」という感じになります。

走れマキバオーを観ているだけで、マキバオーやカスケードはもちろん、「あ、モーリアロー」とか「サトミアマゾン!」「アマゴワクチン!」「んー・・・ニトロニクス!」「ベアナックルやん」という感じになり、やはり登場馬の名前を忘れていない自分がいました。

なんだかんだで僕たちが小学生の頃はダビスタとみどりのマキバオーの影響によって、小学生ですら競走馬の血統を語れるくらいの時代でありました。

京都であれば、小学生が「菊花賞に連れて行って欲しい」と言うような時代です。

実家には全巻ありますが、帰って掘り起こすのも面倒だったので「これは買いに行くしか無いだろう」と思い、早速古本屋に向かいました。

古本屋に…無い…

走れマキバオーを観てから、すぐに古本屋に行ったのですが、全く見当たらず、店員さんに「マキバオーありますか?」と聞くと、

「もしかして『みどり』の方ですか?『たいよう』の方ならあるんですが…」

という感じになりました。

もちろん僕が求めているのは「みどりのマキバオー」です。

「古いですからね…」

と言われたので

「入ってこないんですか?」

と聞くと

「たまに6巻だけとかそんな感じです」

という感じでした。

ひとまず礼を言って、別の古本屋に向かいました。

店内をぐるぐる回りましたが、みどりのマキバオーもたいようのマキバオーもありません。

すぐに読みたかったので古本屋に向かったのですが、2軒回って収穫ゼロだったので、インターネットの力を借りることにしました。

「みどりのマキバオーが読みたい!」と過ごしていると…

みどりのマキバオーを調達しましたが、やはりネット上の購入なのでタイムラグがあります。

「あーマキバオーが読みたい」と100回位つぶやいた頃、

「こんなんもらったけど使う?」

と何故かターフィーというキャラがやってきました。

別に周りの人たちに「あーマキバオーが読みたい」と言ったわけではないのですが、何の脈略もなく間接的に回りに回って僕のところにターフィーのハンドタオルがやってきました。

ターフィー

ターフィー ©サンリオ

「んー…ちょっと違う…」

馬キャラ、そして競走馬をモチーフにしたキャラという共通点はありますが、マキバオーではありません。

マキバオーがやってきた

みどりのマキバオー

みどりのマキバオー ©つの丸

しばらくして、念願のみどりのマキバオーがやってきました。

マキバオーと言うと、僕たち世代の間では「鼻から下だけだとタモリ氏に見える」ということで有名だったりします。

マキバオー タモリ

マキバオー タモリ みどりのマキバオー ©つの丸

読んで早速泣いてしまいましたが、今読んでみると、みどりのマキバオーの洗練度はすごいなぁということを感じました。

真っ当にいくと「安っぽい感動話やクサい演出」になりそうなところを登場キャラたちの雰囲気が功を奏し、安っぽくなりかけたりクサ過ぎたりなりかけるという部分をうまく消していたりするからです。

これが「洗練というものなのだなぁ」ということを感じました。

そういうわけで、一日で読み終わってしまいました。

感動シーンにおける反応

ゴールデンウィーク中ということで深夜12時から朝まで、そして軽く寝て、昼から夕方というスケジュールで読んでいました。

前半については普通に涙が出ました。

その後、一度寝た後の昼頃、見せ場である「有馬記念の山本菅助ガッツポーズシーン」で、感動がクライマックスに到達し、ダーッと流れ落ちました。

が、流れ出たのは脇汗でした。

大量の涙が出るものと予測していましたが、感動と興奮の種類によっては、流れ落ちるのは脇汗なのだということを知りました。

軽い日光浴ついでということもあり、上半身裸のまま読んでいたことも関係していますが、感動のシーンの瞬間から、二の腕を伝い肘の先からポタポタと床に落ちるほどの脇汗です。

その後一瞬ダビスタをやりたくなりましたが、代わりに事業のことや周りの人たちの事業のブラッシュアップなんかをすることにしました。

脇汗ともどもよい刺激になりました。

Category:miscellaneous notes 雑記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ