「死苦」死ぬ苦しみ

「死苦」死ぬ苦しみについて触れていきます。四苦八苦の四苦「生老病死」の最後の苦しみである死の苦しみです。死の苦しみについて哲学的に書いていきます。

まず、哲学的に考えると、「生命としての死ぬ苦しみ」、「死の苦しみ」といったものは、矛盾になります。なぜなら死ぬということは生きていないということなので、その経験を経験し得ないからです。「死の淵から生還した」ということはあるかもしれませんが、その場合は「死にかけていたが死んでいない」ということになります。そんな感じなので、死を経験することもなければ、経験することがないゆえに理解することもないでしょう。

「4と9は縁起が悪い」などと言われる所以である「死」と「苦」だけで構成されている「死苦」ですが、ある種「死んでいるのであればそれを経験し得ない、ということのであれば、何が苦しみなのか?」ということで色々と検討していく必要があります。

また、一応「思い通りにならない」と言った感じで、死から逃れる事できないという面もあります。どうあがいても死を避けることはできないという感じです。

ということを前提として、「死苦」について考えていきます。

死を想像する苦しみ

一切行苦という理から見ると、一切の形成されたものは苦しみであるということになりますが、死という現象を考えると、形成されたものと言うより「形成が解かれたもの」という感じになります。

死ぬを経験し得ぬということで「『死苦』としての死ぬ苦しみというのは無いのではないか?」と思ってしまいますが、死を想像することで起こる恐怖、未来への想像としての恐怖は「今」形成され得るものなので、そうした恐怖心が一種の苦しみとして考えられるのではないかと思います。

もちろん本来固定的な「我」自体が無いため、常に死んで生まれてを繰り返しているという感じで捉えることもできます。

そういうわけで、一般的に想起される死、「我」の「生命としての死」というもの自体が頭の中で起こる現象としてしか形成され得ないという感じになります。

もちろんそうした想像は、今までたくさんの死を観察してきたということを含め記憶や予測が原因となって起こります。

人を含め様々な生き物が死んでいく様を観察して、帰納法的にいつか死ぬと知り、演繹によって自分も死ぬと考えるという感じです。

しかし、いくら考えようとそれを乗り越えることはできません。

死を想起し、死に恐怖を覚えたところで、何をどうすることもできないのです。死は常に潜んでおり、高齢になったからといって身近になるようなものでも何でもなく、全ての生き物が可能性として持っています。

といっても、本来は「今この瞬間」しかありません。今この瞬間すら「そう感じている」といった程度で、「ある」とするのすら怪しいくらいです。

そんな中、今起こっていることでも何でも無い「死」を恐れ、それに感情が苛まれたりします。

すべてが消えていく虚しさ

おそらく死を想起する中、最も中心となる恐ろしさは「すべてが消えていく虚しさ」ではないでしょうか?

幼少期からの思い出、様々な経験や対人関係、残してきた功績のようなもの、その全てが「消える」ということへの恐怖です。

築き上げてきたものも、誰かのために何かを為してきたことも、誰かに何かをしてもらったこともすべて消えていくという感じです。

我慢して、苦労して成し遂げた何かも「何にも無かったこと」になります。愛しい人との素晴らしい毎日も全てが「何もなかったこと」になります。

しかし、その構造から逃れることはできません。そして、何か社会に働きかけ、功績や名が残ったとしても、自分はそれを認識することがありません。生前に何かを働きかけたとしても、それは生きている間の想像の範疇であって、結局「何も残らない」ということになります。

僕は同級生が過労死した時などを含め、誰かが死ぬ度にそれまでのみんなの愛情も、手間暇も全てが意味なしになったのだなぁと思ってしまうことがあります。学校での勉強や習い事や同級生と遊び回ったこと、将来を語り合ったことも全て意味なしになるのだなぁ、という感じです。

もちろんその人を「情報」として考えるのなら、「誰かの記憶の中では生きている」というようなことにもなりますが、それ以上その人とはコミュニケーションを取ることが無いということになりますし、いろいろと尽くした結果は全て台無しになるのだな、と思ったりもしてしまいます。

しかし、それは「連続性」を考えたからこそ起こる思考です。

諸行無常であり、全ては常に変化していますし、全く同一の状態ということは一度たりとも起こりません。

だから、連続性で考えれば虚しく見えることであっても、それすら一種の妄想であり、あくまで自作自演ということになります。

形成されるものは恐怖感

夢の中で死にかけても死なないのは、死を経験したことがないからと言われることがあります。

「死ぬ瞬間は気持ちがいいらしい」というようなことをいくら言ったところで、その瞬間はまだ死んでおらず生きていますから、死について語っているということにはなりません。

現象として死というものは、その経験を認識し得ないため、それがどういったものなのかいくら考えても想像の範疇を出ることはありません。

しかし、そうしたものを想起することで感情が起こることがあります。いわば死という状態が形成(?)されたとしてもその形成を感受することがないはずですが、そうしたものを想像することで「死への恐怖感」が形成されるという感じになります。

そしてその恐怖感は苦しいものです。そして、いくらそうした感情を思考で克服しようとしてもできませんし、あれこれ考えたところで、そうなる事自体は避けることができない言う感じになります。

恐怖心を忘れるための教義

だいたい世の宗教は全般的にこうした示しえない死後について何かしらの解決策があるかのような演出をして、心を落ち着かせるということをしています。

天国だとか緑園だとか極楽浄土だとかいったような世界観です。

そうしたものは、今現在に起こる「意識の状態」であり、そうした状態を作り出すものも今の恐怖心です。恐怖心をやり過ごすため今現在起こっていないことに対して妄想を巡らせること、それが宗教的な死後の世界に関する教義です。

まあ死にまつわるテーマなのであえてこうした分野について、そうした教義の主張、そしてそうした思考が起こる構造というものについても少し触れてみましょう。

生命エネルギーと欲とだいたいの宗教に共通している死後に関する教義

欲も怒りも結局胴体は同じであり、不足があると判断すれば欲になり、過剰だと判断すれば怒りになるというような感じになっています。

で、結局生きる力とかエネルギーのようなものは、生存本能なので、欲や怒りの発端となっています。そして生きるエネルギーが尽きる瞬間でも執著によって欲や怒りが残っている状態となります。

そしてエネルギー保存の法則のように、そうしたエネルギーが消滅することはない、という感じで輪廻転生とか天国地獄での生まれ変わりといった発想が出てきます。

エネルギーが消えることはないのだから、欲や怒りが何かと結びつけばそこで生命になるだろうというような感じです。

で、宗教的な発想で言えば、エネルギーはエネルギーだとして、その性質によってどういった形で保存され、再生するのかというような感じになります。

という感じなので、信仰があればとか、心がキレイならば、そのエネルギーの性質は良いものなので、良いところに生まれ変わるだろう、というのがだいたいの宗教に共通している死後に関する教義です。

まあそう思うことで、死を想起して起こる感情を打ち消すという感じになっています。

それでも、これらにはどこか「我」に対する執著があります。

「私は幸せでいたい」という発想です。

固定的な我である「魂」があり、そして魂の状態がデータとして、死後に影響するという発想です。

しかし、「この自分」をよくよく観察すると、体も考え方も環境も全て自分以外で構成されています。

ということで、自分が為したと思っていても、それは様々な情報が自分という地点でまとまり形成されたということになります。

そうなると、自分が能動的に為したとかなんとかいったところで、それは情報が集まってそうなるようになったというだけになり、さらにそれは常に変化しています。

固定的な我が云々といったところで、そんな我は、常に変化し、それも他との関係性の中で今その状態であるというだけになっています。心はただ単なる「認識する働き」であり、「あくまでこの「窓」から世界を覗き込んでいるような構造にすぎないという感じです。

そのような中、なぜ死にまつわる想像を思考で解決しようとするのでしょうか?

考えたところでどうしようもないことなのに、「もしかすると次は苦しいところに生まれ変わってしまうかもしれない」と想像し、恐怖心を覚えているからこそという感じなのでしょう。

意識的であれ、無意識的であれ、死を想像すること自体が苦しみであり、想像がなければ苦しみはありません。「想像してしまうのはなぜか?」ということを脇において、「実際問題としてどうしたらいいんですかね?」なんてなことを思うから霊感商法なんかに引っかかってしまうという感じです。

いくら語ったところで、死を経験した人は一人もいません。経験したという人がいればその人は一度も死んでいない人です。

死を想起することで起こる騒ぎは「迷い」

宗教においては、「信仰を持てば死後に天国に行くことができる」という発想をよくしますが、それらは全て迷いです。

それは、今現在、今この瞬間に集中し、妄想を妄想だと見破ることで必ず理解することができます。

アイツこと自我が恐怖心を発端として妄想を膨らませている、つまり単なる「迷い」だということが、体感でわかるはずです。

誰がどのように語っても、死後については証明のしようがありません。「それじゃあ一緒に確認しに行きましょうか」といって、再現性を持って確認できるようなことではないからです。あれこれ理屈をこねたところで、絶対的な普遍性や再現性を持ちえない領域です。

問題は「死んでしまうこと」から逃れられないという事実ではありません。「思い通りにならない」ということの全てには、思い通りになって欲しいという望みが前提となっています。

そうした望み、願望自体が迷いであり、そうした望みを持ち、我に執著することで恐怖心が起こること、死を想起して煩うこと自体が煩悩であり、迷いだということになります。

「死苦」と言われる「死ぬ苦しみ」は、こうした迷いから起こる苦しみだということになりましょう。

四苦八苦 あらゆる苦しみ

一切行苦

Category:philosophy 哲学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ